Sekihara pasta&wine(せきはら) 関原さんご夫妻 インタビュー

地域の人たちに愛され続けるイタリアン「Sekihara pasta&wine(せきはら)」/関原さんご夫妻

「若松河田駅」駅からわずか徒歩2分ながら落ち着いた雰囲気の漂う住宅街に、ご夫婦で営むイタリアン「Sekihara pasta&wine(せきはら)」がある。ここで育ったという地元出身のご主人。地域の方とのコミュニケーションを大切に、日々、おいしいワインと料理を提供している。今回は、「Sekihara pasta&wine(せきはら)」を営むご夫妻に、店の様子と街の様子についてお話を伺った。

2005(平成17)年、早稲田にオープンしたパスタとワインの店

お店の外観
お店の外観

――こちらの場所にお店を開かれるまでの経緯を教えてください。

ご主人:この店を開く前は、20年ほどホテルやレストラン、居酒屋などで調理をしておりました。そして、2005(平成17)年に早稲田で初めて自分の店を持ちました。その後、2014(平成26)年6月に、地元であるこの地に移転してきました。

料理の見た目としてはイタリアンっぽいですが、実は、わたしはずっとフレンチをやってきたのでイタリアンの経験はないんです。でも、パスタ屋で働いていたことがあって、自分ではそっちのほうが自信を持っているんです。それで、お店はこういうイタリアンっぽい感じになりました。ランチはメインでパスタをお出しして、夜は少しフレンチベースが入った料理とワインを楽しんでいただく感じです。

関原さんご夫妻
関原さんご夫妻

――定番メニューはありますか?

ご主人:この辺りはランチの需要がかなり高いので、お昼のパスタのセットはおすすめです。パスタのセットしかないんですけども、パスタ自体が11種類から選べるんです。そこに、サラダと飲み物がセットになっているわけです。

中には週替わりのパスタというのがあって、特によく通ってくださる方には一番人気があります。週替わりのパスタには、できるだけ旬の食材を取り入れています。あとは、今週が塩味だったら次はトマト、クリームというように、ベースにも変化をもたせるように心がけています。

ランチメニューのパスタのセット
ランチメニューのパスタのセット

ディナーでも、季節感は大切にしています。あとパスタを充実させた上で、おつまみをメインにワインに合う料理をそろえるようにしています。

季節感と新鮮さ、そして手作りが自慢の料理を世界各国のワインとともに楽しむ

黒板を彩る旬のメニュー
黒板を彩る旬のメニュー

――ほかに、おすすめのメニューはありますか。

ご主人:季節感を出すために、なるべく旬のものをそろえておすすめのメニューを黒板に書いています。毎週全部が入れ替わるわけではなく、1週間で変わるものもあれば、2,3週間続くものもあります。

奥様:けっこうご好評いただいているものは長く続けています。生牡蠣なんかはお好きな方が多いので、牡蠣が旬の時期はちょっと長めにメニューに置いたり、といった具合ですね。

ご主人:築地の魚屋さんから毎日仕入れていますので、魚介類はいつも新鮮なものをお出ししています。その日の仕入れによって少しずつメニューが変わったりもします。

「たっぷり野菜の盛り合わせ バーニャカウダソース」
「たっぷり野菜の盛り合わせ バーニャカウダソース」

奥様:夜でいうと、「鮮魚のカルパッチョ」やサラダ系の「たっぷり野菜の盛り合わせ バーニャカウダソース」というのが人気です。ボリュームも結構あるんですよ。

気軽にワインを飲んでいただけるようにとカウンターもご用意しているので、男性女性問わず、お一人でいらっしゃる方も少なくありません。でもお一人ですと、色々な種類を頼むということは難しいと思うので、そういう方には「前菜の盛り合わせ」をおすすめしています。少しずつですが前菜を三種盛り合わせているので、それ一皿とワイン一杯でゆっくりと楽しんでいただけます。

「前菜の盛り合わせ」
「前菜の盛り合わせ」

ご主人:パスタのいちばん人気は「アマトリチャーナ」ですね。イタリア産のパンチェッタと、たっぷりの玉ねぎを使ったトマトソースに、チーズもふんだんに入れていますので、とても濃厚なソースに仕上がっています。

奥様:シンプルですけど、非常に人気がありますね。リピーターの方も多いです。

――ほかにも料理へのこだわりはありますか。

ご主人:なるべく手作りをすることですね。ドレッシング一つとっても全部手作りですし、パスタソースやお肉のソースも手作りしています。もちろん手間はかかりますが、手間をかけるように心がけています。

様々な産地から揃えられたワイン
様々な産地から揃えられたワイン

――ワインも種類が豊富ですね。

ご主人:グラスワインは7~8種類ぐらいあって、これが2,3週間に一度入れ替わっていきます。ボトルですと、白と赤合わせて50種類ぐらいあります。おいしいワインが見つかったときに仕入れていくので2、3ヶ月に1回、少しずつ変わっていく感じです。あまり国にこだわりはなく、おいしいものをご用意しています。

若いご家族から年配のご夫婦までまで幅広く愛される店

自慢のパスタ
自慢のパスタ

――ランチとディナー、それぞれどういった客層の方が多いのでしょうか。

ご主人:ランチは近隣の会社のビジネスマンの方が多いですね。

奥さま:地元の主婦の方も多くいらっしゃいます。目の前に小学校があるので、学校行事があるときにはご家族の方もいらっしゃいます。

ご主人:ディナーは、お勤め帰りの病院の方も多いですし、近くにお住まいの方も多いです。ご家族やご夫婦での利用も多いですね、それも若いご家族から年配のご夫婦まで、とても幅広くご利用いただいています。

奥さま:早稲田の方で長くやっていたこともあって、前の店からの常連さんもいまだに通ってきてくださっています。とてもありがたいことです。

――イベントも開催されると伺いました。

奥さま:少し貴重なワインが入ったりすると、とても短期間ではありますがイベントも開催しています。普段なかなか飲めないようないようなワインをグラスに入れてお出ししてみたりといった具合にですね。

イベントを楽しみにしてるお客様も多い
イベントを楽しみにしてるお客様も多い

その中でも定番になっているのは、毎年11月に開催する「山梨ヌーボー」です。ボジョレーヌーボーの前に日本の甲州ぶどうのワインが入るので、ここ数年やっているイベントで、実際に山梨に行って収穫をお手伝いして、それがワインになったものをお出ししています。9月に収穫したものが、11月にワインとなってボトル詰めされて届くんです。とても好評をいただいていて、去年は24本ありましたが、ボジョレーヌーボーが始まる前の2週間ぐらいですぐになくなってしまいました。

お客様とのコミュニケーションを大切に

――お客様と接する上で大切にされていることはありますか。

ご主人:型にはまったサービスはしていませんので、お客様のご要望にも極力添うようにしています。お一人様の量を調節したりといったささやかなことですが。

あとは、コミュニケーションを積極的にとるようにもしています。人対店はではなく人対人として、こちらが一方的にワインや料理の話をするのではなく、なるべくお客様の話を伺うようにしていますね。今日何があったとか、世間で何があってどうのこうのとか、そういう日々の他愛のないお客様との会話を大切にしています。

――店の将来的な展望はありますか。

ご主人:漠然とはしていますが、ワインをもっと多くの方、特に地元の方に飲んでいただきたいなとは思っています。神楽坂や新宿に行けばたくさんお店がありますが、そこまで行かなくても近所でおいしいワインが飲める、美味しい料理が食べるお店があるっていうのはいいじゃないですか。そういう、近所にあると嬉しいお店になっていきたいなと思っています。

便利で安全な街。お客様の温かさに支えられている安心感

お店の看板
お店の看板

――若松河田エリアが地元とのことですが、この辺りの魅力は何でしょうか。

ご主人:新宿区っていうと繁華街のイメージありますが、この辺りはとても落ち着いていて、いわゆる「新宿」というイメージとは違っています。田舎というと極端ですが、少しほのぼのした雰囲気のある場所だと思っています。

奥さま:環境はとてもいいと思います。世間は少子化と言われていますけど、わりと小さいお子さんも多いですね。目の前に小学校がありますし、保育園や子育て施設も充実しています。南側のちょっと先には「東京女子医大学病院」、北側には「国立国際医療研究センター病院」という2大病院がありますので、それもすごく安心ですね。コンビニやスーパー、薬局も多いで便利ですよ。

ご主人:少し歩くと緑も豊富で、公園もいたるところにあります。街の方もすごくいい方が多くて、この店もすごく良いお客様が多いのが自慢なんです。年齢に関係なく心温かい方が多くて、自分たちも見守られてるような気持ちで安心して店を開いています。

奥さま:それと大江戸線ができたことで、とても便利になりましたね。

ご主人:駅ができたことで、人の流れが随分大分変わったと思います。それまでは最寄りが「早稲田」駅か「曙橋」駅でしたが、今ではすぐそこで乗り降りできるようになりました。

せきはらさんご夫婦
せきはらさんご夫婦

Sekihara pasta&wine(せきはら)

関原さんご夫妻
所在地:東京都新宿区余丁町10-12
電話番号:03-6273-1099
※この情報は2016(平成28)年10月時点のものです。

地域の人たちに愛され続けるイタリアン「Sekihara pasta&wine(せきはら)」/関原さんご夫妻
所在地:東京都新宿区余丁町10-12
電話番号:03-6273-1099
営業時間:11:30~14:00、17:30~23:00 ※土曜日は夜のみ営業
定休日:日曜日、祝日
https://www.facebook.com/Sekihara2014/