肉のたかさご

肉のたかさご
肉のたかさご

東京メトロ・都営地下鉄「月島」駅、4番出口より徒歩2分、1947(昭和22)年創業の「肉のたかさご」は肉ひと筋、地元民はもとより遠方からの来店も多い名店だ。「十両の客より一文の客を大切にせよ」という初代の教えを守り、「品質本位」の基本方針は今も変わらず、「農林水産大臣賞」をはじめ、様々なコンクールで高い評価を受けている。

ローストビーフ
ローストビーフ

A4、A5ランクの国産黒毛和牛を使用したローストビーフは、「肉のたかさご」を代表する商品の一つ。秘伝のスパイスによって味つけられた柔らかいお肉は食卓の主役としてはもちろん、ワインや日本酒といったお酒のお供にもぴったり。スライス4、5枚のリーズナブルな商品も用意されている。不定期で、焼きたてのあつあつローストビーフをカット販売するイベントが行われる。通常販売されているものよりもふっくらしたジューシーな味わいが特徴で、このイベントでしか手に入らないスペシャルな商品だ。販売時間は土曜日の12時と16時から。不定期なので「ぜひ手に入れたい」という方は、お店へ問い合わせれば開催日を教えてもらえる。

たかさごのやき豚
たかさごのやき豚

1947(昭和22)年から伝承されるタレをたっぷり染み込ませた看板商品の「たかさごのやき豚」は、東京土産の新定番としても大人気。同じ肩ロースでも脂身の多いものと少ないものがあり、それぞれに異なる食感、味わいを楽しむことができる。脂の付き具合は1本1本異なり、大きさも色々あるので自分好みを選べるのが嬉しい。もし迷ったら店員さんに好みを伝えれば選んでもらうことも可能だ。

肉のたかさご
肉のたかさご

「美味しさの喜びをチリバメル」という理念から一部商品はインターネットで購入することもできるが、店舗でしか手に入らない限定商品も多い。黒毛和牛と国産豚の旨みたっぷり「ロイヤルメンチ」や、やき豚がゴロっと入った「やき豚コロッケ」はソースをかけなくても十分な味が付いており、食卓を彩るお惣菜としてはもちろん、食べ歩きのハンドフードとしても人気の商品。やき豚のタレを使用した「半熟煮たまご」は、まるで芸術品のような黄金に輝く黄身が特徴の一品。日が経つにつれてタレが卵に染み込んでいくため、濃い味が好きという人は1日ねかせるのがオススメだそう。

半熟煮たまご
半熟煮たまご

生まれも育ちもこのエリアだという店主曰く、「このエリアは昔ながらの下町の風情と現代の利便性が共存している。新しいお洒落なお店も多くできていて、散歩するたびに新しい発見がある」とのこと。「肉のたかさご」は、日常生活を送る中で強い味方となってくれること間違いない、町のお肉屋さんだ。

肉のたかさご
所在地:東京都中央区佃2-21-6 
電話番号:03-3531-4529
営業時間:10:00~19:00(火・木曜日は18:30まで)
定休日:日曜・祝日
http://www.yakibuta.jp/



PAGE
TOP