湯島天満宮(湯島天神)

江戸時代から「湯島天満宮」とも「湯島天神」とも呼ばれ、地元の人たちから親しまれてきた神社。現在は正式名称を「湯島天満宮」に定めている。御祭神は天之手力雄命と菅原道真公。初詣には大勢の人が訪れ賑わう。節分の豆まき、例大祭、菊まつりなど、季節を彩るイベントが年中を通して行われている。 開運絵馬には、1月~6月頃まで干支が、それ以降から「牛に乗る天神様」が描かれる。学業祈願はもちろん、様々な願いごとがで .....


PAGE
TOP