佐野みそ亀戸本店

kameido55.jpg
kameido55.jpg

日々の暮らしの中で、お味噌屋さんに足を運んだり、「お味噌は絶対にお味噌屋さんで買うわ」、という人はいるだろうか。ほとんどの人がお味噌はスーパーでパックされたものを買い求めることが日常的で、お味噌屋さんにいくことも、またお店を見たことの無い人のほうが多いのではないだろうか。

亀戸駅から歩いてすぐのところにある味噌専門店「佐野みそ亀戸本店」は、明治通りに面して建つ、創業昭和9年の味噌の専門店だ。味噌の他にも和食づくりに大活躍の調味料や、漬け物、梅干し、そして店主の選んだ日本各地の美味しいものが広い店内に所狭しと並べられている。

kameido57.jpg
kameido57.jpg

納豆をはじめとする大豆製品も豊富に取り揃えられている。

kameido60.jpg
kameido60.jpg

鯖の薫製、肉団子などは真空パックや冷凍されているのでプレゼントやパーティなどのお持たせにもオススメだ。

kameido56.jpg
kameido56.jpg

はじめて味噌屋に足を踏み入れたら、いくつも置かれた味噌樽からどれを選べば良いのか迷ってしまうだろう。なにしろここには常時50種類の、日本各地から取り寄せられた味噌が用意されているのだ。しかし、ここの味噌樽には味噌の名前が書かれた名札が立てかけられ、その味噌にあった素材について説明してくれているので宝探し気分で好みの味噌を選ぶことができ安心だ。
味噌を選んだら次は店員さんに声をかけ、必要な量を伝えてみることに。いずれも500gから購入できるが、量も交渉しだいで小分けにも対応してくれる場合もあるようだ。

ロハス志向が高まり自然食品に注目が高まるなか、本物を知っている人達がこの店を目指しやってくるという。お中元やお歳暮、お祝い返しやお年賀等お遣い物はここでと決めている常連客が多いのだ。日本人にとってお味噌はは馴染みがある味のため実用的な外れの少ない贈り物として喜ばれるとあって、特に年末ともなると佐野みそセレクトの味を求めに多くの人がここを訪れ、店員さんの前には長蛇の列ができるそう。

kameido58.jpg
kameido58.jpg

そんな佐野みそで最近人気なのが「みそパン」だ。亀戸のパン屋さんと共同開発したデニッシュ風のパンは、ほのかに味噌の香りがして、ほんのり甘いのだという。もちろんお味噌汁との相性はバッチリなので朝食にもオススメだ。カリッと焼いて、バターをぬればお酒のおつまみにもいい。数量限定なので売り切れてることもしばしばあるので、事前に問い合わせてから店にいくことをおすすめする。

kameido53.jpg
kameido53.jpg

佐野みそ亀戸本店
所在地:東京都江東区亀戸1-35-8 
電話番号:03-3685-6111
http://sanomiso.co.jp/



PAGE
TOP