常盤松御用邸

常盤松御用邸

旧町名である常磐松町の由来は、この地に「千両の値打ちが付くほどの銘木」とされた「常盤松」があったことに由来する。1964(昭和39)年に、戦後初の宮家として常陸宮家が創設されることが決定すると、常陸宮邸は常磐松町の常盤松御殿に定められた。以前は、今上天皇が皇太子時代の御殿でもある。

常盤松御用邸
所在地:東京都渋谷区東4-9 



PAGE
TOP