レストランオオタニ

オオタニ
オオタニ

大山を代表する洋食屋はと聞かれて、「レストランオオタニ」の名前は真っ先に挙げなければなるまい。こちらは1965(昭和40)年に開店して以来、地域密着で営業。大山住民に愛されてきた洋食屋である。大山駅から少し離れた川越街道沿いで営業するこちらには大きな看板などはない。大きく派手に宣伝を仕掛けるのではなく、地元の人たちの口コミが広がったからこそ、ここまで営業を続けてこられたのだろう。1階には駐車場もあるため、家族で車に乗って食事に来ることが出来るのも大きなポイントだ。店の方曰く「銀座の洋食屋ではなく、上野の洋食屋のイメージ」と話す通り、どこか素朴で懐かしさを感じさせるような佇まいとなっている。

オオタニ
オオタニ

レンガ作りの2階建ての建物は、1階部分がカウンターの洋食屋。2階はテーブル席。大部屋の個室もあるため、パーティや忘年会などにも最適である。さっそく階段を上り、案内されたテーブルに座った。
店内はレンガ作りの懐かしさを感じさせる雰囲気。テーブルには家族連れと思われる人たちがたくさんいた。

メニューには、スパゲティ、カレー、オムライス、フライ、ステーキ、ハンバーグなど、いかにも洋食といったメニューが並ぶ。その中の「おすすめメニュー」として、「ハンバーグ」「若鶏のチキンソテー」などが掲げられていた。その中でも特に人気のが高いという「ハンバーグステーキ(玉子)」(950円)、「ライス」(280円)、「ポタージュ(コーン)」(500円)、「生ジュース 苺(ミルク無し苺たっぷり)」(600円)を注文することにした。

オオタニ
オオタニ

やがてしばらく待つと、「ポタージュ(コーン)」がやってきた。あっさりなめらかな味わいがなかなか美味しい。

オオタニ
オオタニ

続いて「生ジュース 苺(ミルク無し苺たっぷり)」。通常の1.5倍の苺を使用し、水をほとんど使わずに濃厚に仕上げた味。まるで苺をそのまま飲んでいるような感覚に陥る。苺だけでなく、マンゴー、バナナ、オレンジ、レモン、メロンなど数十種類のジュースを取り揃えており、こちらの生ジュースは何をさておいても飲む価値がありそうだ。

オオタニ
オオタニ

そしていよいよハンバーグの登場だ。熱々の鉄板の上にやわらかくジューシーなハンバーグ。上にかかるのは、ケチャップをベースにしたソースだ。もともとはデミグラスソースと、ケチャップソースの2種類が用意されていたとのことだが、ケチャップをチョイスする人が続出していたため、ケチャップを提供することになったのだそうだ。

ハンバーグの上には玉子が鎮座している。フォークでプスッと刺すと、チュワーっと広がる玉子に絡めて、熱々のハンバーグを食べる。やわらかくて非常に美味しい。

こちらの支配人さんはソムリエ資格をとっているとのこと。そのため、フランス産を中心にドイツ、イタリアなど、豊富に取り揃えられたワインも見どころとなっている。今度はワインを傾けながら食事を楽しみたいと思った。

レストランオオタニ
所在地:東京都板橋区熊野町47-8 
電話番号:03-3959-5040
営業時間:9:00~24:00
休み:なし

板橋区のitot


PAGE
TOP