旧甲州街道 八日市宿跡

旧甲州街道 八日市宿跡
旧甲州街道 八日市宿跡

江戸幕府の開祖・徳川家康は、小田原北条氏の滅亡後、八王子に新たな街を築いた。街並みと、江戸の街へつながる甲州街道が整備された八王子は、「八王子十五宿」と総称されるほど数多くの宿場が開かれる規模に発展し、経済都市として大いに賑わった。中でも「八日市宿」は本陣と脇本陣が置かれ、街道随一の宿として栄えた。高層住宅が建ち並ぶ現在も、八日市宿があった付近には「旧甲州街道 八日市宿跡」の碑が建ち、わずかながら往時の賑わいを今に伝えている。

旧甲州街道 八日市宿跡
所在地:東京都八王子市八日町 



PAGE
TOP