砂川七番駅

砂川七番駅

古くから立川にある地名「砂川七番」の名称が付けられた、多摩都市モノレール線の一駅「砂川七番」駅。当初は「砂川」駅になる予定だったが、江戸時代から続く由緒ある地名「七番」が開業直前になって採用され、現在の駅名になった。駅は都道43号線(芋窪街道)の中央分離帯の上にあり、地上から乗り降りする際はエスカレーターかエレベーターを利用する。周辺は武蔵野の面影を残す農地や旧家などが多くあり、地名の歴史を思い起こさせる光景が広がっている。

砂川七番駅
所在地:東京都立川市柏町3-1 
http://www.tama-monorail.co.jp/monorail/..



PAGE
TOP