バーゼル 豊田店

バーゼル 豊田店

「バーゼル」は、今から40年以上も前に初代オーナーがスイスのバーゼルで修行をしていたことから始めたお店だ。半世紀近くを経た今も、お店の原点とも言える「ウィーン菓子特有の大きな7号サイズのケーキ」を作り続けている。昨今は、フランス菓子を手本に小さなサイズのケーキが多い中、たっぷりのボリュームで、ほとんどのケーキにラム酒が入っている伝統的な形や製法を守っている。

バーゼル 豊田店

その中でもバーセルを代表するお菓子が、スイスの家の形に見立てたチョコレートケーキ「メゾン・ド・トリフ」(1カット300円)。中には、しっとりとしたスポンジケーキに、ラム酒をたっぷりと染み込ませた生チョコレートが入っていて、大人っぽく深みのある味わいを引き出している。

バーゼル 豊田店

グランドメニューのチョコレートをあしらったケーキはバーゼルのベースともいえるが、さらにバーセルで人気なのは、大きなスポンジケーキにイチゴと生クリームをサンドしたショートケーキ「ガトーフレーズ」や、サブレ生地のチーズクリームに季節ごとで入荷した新鮮なフルーツをたっぷり盛り合わせた「フルーツの森のタルト」などだ。

バーゼル 豊田店

毎日30種類以上のケーキに、焼き菓子やパンなどもある。店内では、ウィーンの歴史ある「ヘルムート・ザッハース社」のコーヒー「ザッハースブレンドコーヒー」や、ウインナコーヒーをケーキと一緒にいただける(ケーキセットは好きなケーキにドリンクがついて100円引き)。

1 2 


PAGE
TOP