東村山ふるさと歴史館

東村山ふるさと歴史館
東村山ふるさと歴史館

東村山市は、古代の「東山道」、中世の「鎌倉街道」など「道」に関する歴史に特徴がある。「東村山ふるさと歴史館」は、この「道」を一つのテーマにしている。常設展示はもちろん、年4回程度の企画展や特別展も開催している。
まず、常設展示室では、正面入口に東村山を中心とした関東地方をかたどった大きな「ヒストリーマップ」を設置し、古代の東山道、中世の鎌倉街道などを電飾で表示。併せて、原始から現代までのビデオが流れる仕組みとなっている。入口左側の壁面から東村山の歴史を、原始、古代、中世、近世、近代、現代と時代に沿って、市内から発掘された土器や石器、歴史を語る板碑や古文書を展示している。
展示室中央には、東村山の歴史を象徴する多摩湖町で出土した「瓦塔」と重要文化財「元弘の板碑」のレプリカ、国宝「正福寺地蔵堂」の模型などが象徴的に展示してある。

また、歴史館では、館から外に出て市内の史跡や文化財を実際に歩けるように、「歴史のさんぽみち」として5コースを設定している。このコースを電飾とビデオで紹介するフィールドマップが中央にある。右奥には民俗展示コーナーがあり、「雑木林とくらし」について紹介している。そのほか、図書やAVコーナーには、閲覧用の図書と雑誌、館所蔵の資料や市内の史跡や文化財を調べるための簡単な操作のコンピュータの端末2台、「ひがしむらやまの縄文時代」など、館で作成した映像資料を観るためのビデオが設置してある。

東村山ふるさと歴史館
所在地:東京都東村山市諏訪町1-6-3 
電話番号:042-396-3800
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜~火曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/27~1/5)
※館内整理のため臨時休館あり
http://www.city.higashimurayama.tokyo.jp..



PAGE
TOP