東京都武蔵村山市

北は埼玉県の所沢市と、南は東京都多摩地域の中核都市、立川市と接する市、武蔵村山市。狭山丘陵から続く自然の緑と水、武蔵野台地の平たんな土地が広がる、農業に適した地であるが、古くから農業よりも商工業に秀でた街で、江戸時代から昭和初期にかけては綿織物産業で、戦後においては大手メーカーの工場による各種製造業で栄えてきた。東京都の無形民俗文化財にも指定されている都内唯一の伝統的工芸品「村山大島紬」や、工場跡 .....


PAGE
TOP