稲城市立中央図書館

稲城市立中央図書館 外観
稲城市立中央図書館 外観

2016(平成28)年に開館10周年を迎えた「稲城市立中央図書館」。城山公園内の斜面に大きな窓で浮かび上がるような白い建物がそれだ。開館当初から、書庫出納を機械が行う「閉架自動書庫」や利用者自ら貸出処理のできる「自動貸出機」、24時間予約資料を受け取れる「貸出ロッカー」などが設置されており、先進的で効率的な運用がされている。また館内Wi-Fiやインターネットパソコン席、電源の取れる持ち込みパソコン席を豊富に設けるなど、IT環境が整っている。建物面でも平屋のバリアフリー構造で、天井が高く広々とした空間が気持ちいい。

児童開架スペース
児童開架スペース

明るく開放的な館内には「一般開架スペース」、「新聞雑誌コーナー」、「視聴覚コーナー」「児童開架スペース」、「レファレンス・地域資料スペース」がある。2016(平成28)年3月時点で図書は約31万冊、視聴覚は約1.8万点所蔵。特にDVDは都内でも随一の資料規模を誇っている。「視聴覚コーナー」には視聴ブースを15部屋設けており、館内の視聴覚資料をブースで利用したり、複数人でも対応できるので人気だ。

おはなし会の様子
おはなし会の様子

「児童開架スペース」の奥には靴を脱いであがる「おはなし室」がある。ここでは、本の楽しさを知ってもらおうと絵本や紙芝居の「読みきかせ」や「ストーリーテリング」、「アニマシオン」などが定例で行なわれる。普段「おはなし室」は開放されており、ゆったりと親子で本を楽しむ姿が見受けられるという。

図書も持ち込める喫茶室
図書も持ち込める喫茶室

館内には約100席の閲覧席や「グループ学習室」など、閲覧や学習に最適な環境が整っている。また、見晴らしの良い「読書テラス」や図書の持ち込みが可能な「喫茶室」も設けられていて、利用に応じたスタイルで長時間滞在できるのも特色だ。稲城市立図書館は2016(平成28)年の7月に新システムへの移行を予定しており、館内のレイアウトも一部変更となる。利用者自身が予約資料を貸出できる「予約棚」や子どものための「読書通帳機」も導入されるとのこと。図書館がどのように生まれ変わるか楽しみである。

稲城市立中央図書館
所在地:東京都稲城市向陽台4-6-18 
電話番号:042-378-7111
開館時間:9:00~20:00
休館日:第4月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(5日間)、特別整理期間(年3日)
https://www.library.inagi.tokyo.jp/



PAGE
TOP