横浜市立大学附属 市民総合医療センター

横浜市立大学附属 市民総合医療センター(通称「市大センター病院」)は、1871(明治4)年4月横浜元弁天に仮病院が設立されて以来の歴史を持ち、現在では726床を誇る大病院となっている。 自主・自立的な病院運営を目指して安全で信頼される医療を推進させ、金沢区福浦にある横浜市立大学附属病院と機能分担を図りながら、大学病院として独自の特色を打ち出し、包括的、全人的医療を提供することを目標としている。その .....


PAGE
TOP