古河宿

「古河城」周辺に設けられた、江戸時代の日光街道の宿場。古河藩が管理していた古河三宿(中田・古河・野木)のひとつで、街道の起点である江戸・日本橋から数えて9番目の宿場であった。 江戸時代の古河宿は、「古河城」が将軍の宿城とされていたため日光街道の重要な宿場とされており、将軍の日光参拝の折は、従者の数が多すぎて宿が足りなくなるほど賑わったという。 本陣は時期により異なったが、最もよく知られていた本陣の .....


PAGE
TOP