サザコーヒー 本店

サザ コーヒー 本店
サザ コーヒー 本店

昨今は全国各地で生豆を自家焙煎し、店頭で販売する「珈琲豆専門店」が増えているが、全国的にもそのパイオニアであり、最高峰と言われている店がひたちなか市内にある。その店が、今回ご紹介する「サザコーヒー 本店」である。

サザ コーヒー 本店
サザ コーヒー 本店

この店の創業は1969(昭和44)年、初代オーナー・鈴木誉志男(よしお)氏がコーヒー専門店としてこの地に小さな店を築いたことに始まる。美味しさの定評とともに徐々に規模を拡大しながら、今では息子である鈴木太郎氏と二人三脚になって、日本のコーヒー文化に新風を吹き込み続けている。現在は本店のほか、水戸京成店、茨城県庁店、品川店、大宮店などの直営店舗があり(*1)、ひたちなかを代表する有名店だ。

豆の焙煎から行う喫茶店としては、全国的にも先駆的な立場にある初代は、今や各国のコーヒー品評会で審査員を務めるなど業界の重鎮としても知られる人物。そして現在、店の経営を任されている息子の太郎氏もまた、幼少の頃から産地の各国で暮らし、大学でも農業技術を学んだという生粋のサラブレッドである。この親子が生み出すこだわりの味と飽くなき情熱は、全国のコーヒーファンには広く知られており、全国各地からコーヒー好きや焙煎家が訪れる店となっている。

1 2 3 4 5 




PAGE
TOP