浜離宮恩賜庭園

江戸時代は都内各所に大名庭園が築かれ、海辺に造られた庭園には東京湾の海水を導き入れて干潮と満潮で姿を変える「潮入の池」が設けられた。現在は「浜離宮恩賜庭園」にのみ「潮入の池」が残っている。もとは将軍家の鷹狩の場で、将軍が代を重ねる度に整備され、11代将軍家斉の時代にほぼ現在の姿になった。「浜離宮」の名は明治維新で皇室の離宮になってからのもの。国の特別名勝および特別史跡に指定されている江戸時代の代表 .....




PAGE
TOP