高田牧舎

高田牧舎

学生たちで賑わう早大南門通りに面した洋食店。創業は明治38(1905)年と古く、早稲田の街の変遷を見守ってきた老舗である。創業者のいた頃は店名の通り牧舎であり、牛乳を大隈邸に届けていたというエピソードが残っている。

高田牧舎

当初はミルクホールとしてオープン。いつしか店は洋食店となり、カレーライスやハヤシライス、オムライスなど本格的な西洋料理を提供する洋食レストランと変わっていった。そして現在、店には広いオープンテラスが設けられ、薪で焚くピザ窯が導入され、「高田牧舎」は、また新たな時代に入ろうとしている。

高田牧舎

「学生街の懐かしの洋食店」としてメディアに紹介されることが多いが、現在の四代目ご店主は「今は、今の価値あるものを提供していきたい」と、ハヤシライスなどが憧れであった時代を振り返るのではないスタンスに立とうとしている。

高田牧舎

毎朝、火をくべる薪窯で焼くピッツァは本格的。種類が豊富で、メニューを見てもイチオシであることが分かる。イタリアから輸入した生地、チーズ、トマトソースを使ったピッツァは、ピッツェリア専門店と見劣りしないクオリティだ。

高田牧舎

洋食やピッツアだけでなく、前菜、メイン、イタリアンの惣菜、おつまみなどメニューが豊富。例えば3〜4人でピッツア1枚、ムール貝の白ワイン蒸し、鮮魚のカルパッチョ、グリーンサラダ、そしてワインを飲んでも1人3000円を切ることが多いそうだ(もちろん飲み方による)。

高田牧舎

高田牧舎には、「学生時代はたまの贅沢だったけど、今では普段使いできるようになったよ」とOB・OGが多く集うそうだ。そのため客層は幅広く、個室もありパーティーが開かれることも多い。大きくなって帰ってくる学生たちと、街にとってもいつまでもあり続けてほしい存在だ。

※記載内容は取材当時のものです。変わっている場合があります。

高田牧舎
所在地:東京都新宿区戸塚町1-101 
電話番号:03-3202-2376
営業時間:11:30~LO21:00(ランチ 11:30〜14:00)
定休日:日・祝
※授業にあわせて変更となる場合があります。
http://www.takatabokusya.com/





PAGE
TOP