相撲博物館

酒井忠正初代相撲博物館館長が長年にわたって収集した資料が基礎になっている博物館。国技としての相撲資料の散逸を防ぐため、1954(昭和29)年9月、蔵前国技館の完成と同時に開館している。その後、1985(昭和60)年1月に「新両国国技館」が開館されると、それに伴い移転した。 錦絵や番付、化粧廻しなど相撲に関する資料を収集保存し、年6回の展示により公開。また、相撲を日本固有の文化ととらえ、歴史などの調 .....




PAGE
TOP