下高井戸シネマ

もともと東映映画の封切館としてスタートした「下高井戸シネマ」。一時は経営母体の撤退で閉館の危機を迎えるが、「下高井戸に映画の灯を消してはいけない」との思いで、現在は下高井戸商店街の人たちがその経営を支えている。邦画洋画を問わず、ハリウッド系からミニシアター系まで良質な映画をいち早く届けるスタンスは現在も健在。会員制度で各種の割引や招待券プレゼントなどもあり、地元の人たちから愛される映画館として存在 .....




PAGE
TOP