杉並区立浜田山小学校インタビュー

杉並区立浜田山小学校
三井 知之校長先生

地域の資源を生かした「環境教育」を実践
平成27年度からはあらたに人権教育にも取り組む進学校

開校より60余年を迎える地域に根ざした「杉並区立浜田山小学校」。在校生700名を超える大規模校でありながら、子どもたちの高い学習意欲を育む進学校としても定評があります。自然環境に恵まれた地域の資源を生かし、「環境教育」への取り組みや中学校と連携した「小中一貫教育」の推進など、さまざまな特色ある取り組みが実践されています。平成27年度からは区内で唯一となる「人権尊重教育推進校」としての役割も担い、あらたな課題へと取り組むようです。今回は三井校長先生に「浜田山小学校」の特色と取り組み、また周辺の生活環境の魅力についてもお話を伺いました。

まず、学校の沿革と特徴、教育目標について教えてください。

杉並区立浜田山小学校インタビュー
杉並区立浜田山小学校インタビュー

「杉並区立浜田山小学校」は、1953(昭和28)に開校した歴史のある学校で、平成27年度で62年目を迎えます。先日、新入生を迎え24学級727名の児童が一緒に学校生活を送っています。区内では大規模校の位置づけにあり、地域の方々からは学力の高い学校としてのイメージも強いようです。

杉並区立浜田山小学校インタビュー
杉並区立浜田山小学校インタビュー

外観からは分かりにくいのですが、学校の敷地内には四季折々の草花が植えられているほか、3階の教室まで届く大きな桜の木もあり、自然環境に恵まれたおだやかな雰囲気が特徴です。校舎の西側にはビオトープもありますし、平成26年度には校庭の一部を芝生化したり、正門の周りに花壇を設けたりと子どもたちにとって快適な環境づくりに努めています。

杉並区立浜田山小学校インタビュー
杉並区立浜田山小学校インタビュー

平成27年度の教育目標は、「考えてやりぬく子、明るく強い子、やさしく助け合う子」で、特に「やさしく助け合う子」を重点目標としています。今年度からあらたに杉並区内としては唯一「人権尊重教育推進校」としての役割を担い、2年間に及ぶ取り組みを開始するのも特徴です。

「人権尊重教育推進校」とは?

杉並区立浜田山小学校インタビュー
杉並区立浜田山小学校インタビュー

全国的にもめずらしく東京都では人権教育推進のためのシラバスがあり、その冊子には女性、子ども、高齢者、障がい者、同和地区といった人権課題が示されています。1年生から6年生までこれからどのようなテーマについて取り組んでいくかまだ検討中の段階ではありますが、「浜田山小学校」には「いじめZERO宣言」といったものがあり、平成26年度の児童会では、子どもたちみずからが作成したデザインを生かして缶バッヂを制作しました。

杉並区立浜田山小学校インタビュー
杉並区立浜田山小学校インタビュー

図書館利用の際に使用する緑色の手提げ袋に缶バッヂをつけ啓発を促しているほか、校内の廊下には子どもたちみずからが描いた「いじめZERO宣言」にもとづく掲示物があり、教職員を含め児童全員で取り組んでいます。

特色ある取り組みとして「環境学習」にも重点を置いていらっしゃるようですが?

本校ならではの特色として「環境学習」への取り組みといったものがあります。たとえば「ヤゴ救出作戦」と名付けられた3年生の取り組みでは、学校のプールを利用してトンボが卵を産みやすい環境づくりからはじまり、春を迎えてヤゴになったところを児童たちが救い出し羽化するのを手伝います。

杉並区立浜田山小学校インタビュー
杉並区立浜田山小学校インタビュー

また5年生で体験する「緑のカーテン」では、「学校支援本部」のサポートでゴーヤの栽培方法や緑のカーテンの作り方を学びます。実ったゴーヤは収穫した後、「ゴーヤチャンプルー」や「ゴーヤうどん」を児童たちみずから調理して食べ、その一連の活動内容をまとめます。

「学校支援本部」のメンバーが「エコプロダクツ」という環境にまつわる大規模な展示会に積極的に関わり、一般企業や研究機関、NGOなどの団体がブースを構えるなか紙芝居形式にまとめた研究発表を行わせていただいているのも子どもたちにとっては貴重な経験になっています。

高井戸中学校との連携で、「小中一貫教育」にも取り組んでいらっしゃるようですが?

杉並区立浜田山小学校インタビュー
杉並区立浜田山小学校インタビュー

「高井戸中学校」の学区には、「高井戸東小学校」と「浜田山小学校」の2校がありますが、小学校の勉強から中学校の勉強に移行する際の接続性を良くするためのカリキュラムの連携を行っています。

学力向上、体力向上、学力支援といった3つの大きな柱を設け、教科ごとのグループに分かれて検討するなかで9年間を通じたカリキュラムづくりを工夫しています。

杉並区立高井戸中学校 外観
杉並区立高井戸中学校 外観

その他にも授業見学や意見交換など先生方の合同研修会もありますし、中学校の先生にお越しいただいて出張授業をしていただく機会もあります。また「小中一貫」の活動に「合同あいさつ運動」というのがあるのですが、高井戸中学校の学生がある特定の期間、登校前に小学校に立ち寄ってくれて、校門の前でお互いにあいさつを交わします。

中学校にはどんな先生がいるのか、どんな先輩がいるのかそれが伝わるだけでも子どもたちにとっては安心につながると思います。

近隣の幼稚園、保育園との交流もあるようですね?

現在、近くにある4つの保育園と1つの幼稚園との交流の機会が設けられています。具体的には「浜田山保育園」「杉並の家保育園」「高井戸東保育園」「大宮保育園」「高千穂幼稚園」と、近隣の保育園とはほとんど交流があり、1年生との遊びを通じていわゆる“小1プロブレム”の解消にも努めています。

杉並区立浜田山小学校インタビュー
杉並区立浜田山小学校インタビュー

「浜田山小学校」は700名以上もの児童がいる大規模校ですので、運動会やクラス対抗のイベントなどは大いに盛り上がります。これから進学を控えている保護者の方にも大規模校ならではの良さをぜひ感じていただければと思います。

最後に、学校周辺の生活環境の魅力やお気に入りのスポットがあったら教えてください?

柏の宮公園
柏の宮公園

「浜田山」には駅の南側にある「柏の宮(かしのみや)公園」や、少し足を伸ばせば「大宮八幡宮」や「和田堀公園」もあり、「善福寺川」沿いの遊歩道も自然を身近に感じられる素敵な生活環境だと思います。

杉並区立浜田山小学校インタビュー
杉並区立浜田山小学校インタビュー

また「浜田山」駅界隈の商店街の賑わいもこの地域ならではの雰囲気で、落ち着いた住宅地とともにこの地域の特徴をよくあらわしていると思います。

地域や保護者の方々も子どもの教育や学校運営に関心が高く、商店街には本校の卒業生も多く、地域とのつながりもある子育て環境もまた浜田山の魅力だと思います。

杉並区立浜田山小学校インタビュー
杉並区立浜田山小学校インタビュー

今回、お話を聞いた人

杉並区立浜田山小学校

三井 知之校長先生

所在地:東京都杉並区浜田山4-23-1
電 話:03-3313-1564
http://www.suginami-school.ed.jp/hamadayamashou/

※2015(平成27)年4月実施の取材にもとづいた内容です。 記載している情報については、今後変わる場合がございます。

杉並区立浜田山小学校インタビュー
所在地:東京都杉並区浜田山4-23-1 
電話番号:03-3313-1564
https://www.suginami-school.ed.jp/hamada..





PAGE
TOP