国分寺(薬師院)

国分寺(薬師院)
国分寺(薬師院)

聖武天皇の発願によって建立された国分寺の一つで、奈良時代の8世紀中期に創建されたと言われる国分寺。何度かの栄枯盛衰の波を経験し、現在のように復興されたのは明治時代に入ってから。建物は本堂・客殿・鐘楼で構成されており、本堂には本尊の薬師如来像をはじめとして脇侍仏として日光菩薩や月光菩薩などの仏像も安置されている。また1976(昭和51)年に建てられた鐘楼には、重要文化財に指定されている梵鐘がある。現在の国分寺から約100メートルほどのところにかつての相模国分寺跡があり、国の史跡に指定されている。

国分寺(薬師院)
所在地:神奈川県海老名市国分南1-25-38 
電話番号:046-232-8212
http://www.s-kokubunji.or.jp/

海老名市のitot


PAGE
TOP