所沢地域に根づくフラワーショップ

街の“カッコいい花屋さん”を目指して/Hallo Gallo(ハローガロー)オーナー 成瀬拓也 さん

Hallo Gallo(ハローガロー)
オーナー 成瀬 拓也 さん

街の“カッコいい花屋さん”を目指して
地元・所沢で新たな挑戦

「Hallo Gallo」インタビュー
「Hallo Gallo」インタビュー

「所沢」駅西口に出てプロぺ通りを過ぎ、「ダイエー 所沢店」前の道に少し入ったところに、2014(平成26)年10月にフラワーショップ「Hallo Gallo」がオープンした。よくある街の花屋とは一線を画す、スタイリッシュなフラワーショップだ。店内には洋楽が流れ、他ではあまり見かけないような珍しい草花を、オーナーである成瀬拓也さんがこだわりをもって仕入れている。今回は、自身も所沢で育ち、所沢をこよなく愛する成瀬さんに、お店や、街との関わりについて詳しくお話を伺った。

まず、成瀬さんが「Hallo Gallo」を開いた経緯を教えてください。

Hallo Gallo 成瀬さんインタビュー
Hallo Gallo 成瀬さんインタビュー

元々は写真や映像関係の仕事をやっていました。ある日、神社の特別な行事の時に、境内の中と外に置いてあった大きい花のオブジェを見て、生け花に強く魅力を感じたのが、花の世界に入ろうと思ったきっかけです。それで、東村山にある花屋で3年程働いて経験を積んだ後、丁度ここに良い物件を見つけたので独立して自分の店を開くことを決めました。

ご自身のお店を開くにあたり、なぜこの場所を選ばれたのでしょうか?

Hallo Gallo 成瀬さんインタビュー
Hallo Gallo 成瀬さんインタビュー

所沢の高校に通っていたので、この辺りのことはよく知っています。以前の仕事は都内に行っていたので、“戻ってきた”という感じですね。ここの場所は目の前にダイエーがあるので人通りもあるし、立地がいいなと思い選びました。
最近の所沢は新しいマンションが建って、人も増えてきていますよね。僕の同級生でも一度都内に出て、結婚をしたり、子どもができてから所沢に戻ってきているという人も結構いますよ。

どのようなフラワーショップにしたい、とお考えですか。
成瀬さんが大切にされていることや、この店ならではのこだわりを教えてください。

Hallo Gallo
Hallo Gallo

店名の「Hallo Gallo」は、僕の好きな洋楽の曲名から付けました。「NEU!(ノイ!)」という70年代に西ドイツで活躍した先進的・独創的なバンドの有名な曲で、「Hallo Gallo」という曲があるんです。その曲が好きだったのと、語呂も良いですしね。

Hallo Gallo
Hallo Gallo

“カッコいい花屋さん”をやりたいと思っています。可愛い花屋さんはよくあると思うんですけど、そういう店とは違う“カッコいい”アレンジメントとか花束とかを作りたいんです。
なので、仕入れるものにもこだわっています。切り花とか鉢花で、例えば、「カフェラテ」という名前の茶色いバラや、観葉植物だと「アンスリュームアロー」や「カラテアクロカーター」など。珍しいものを探しに都内の市場に行ったりもしています。

お客様はどのような方が多くいらっしゃるのでしょうか。

Hallo Gallo
Hallo Gallo

主婦の方が、お誕生日や記念日のギフトで購入されていくことが特に多いですね。また、この辺りは個人でやっている飲食店や美容院などが多く、最近ではそういったお店から、「お花を生けて欲しい」などの依頼を少しずつ頂くようになってきました。

成瀬さんにとって、花の魅力とはどのような点でしょうか。
また、この仕事のやりがいはどのような時に感じますか?

Hallo Gallo 成瀬さんインタビュー
Hallo Gallo 成瀬さんインタビュー

花の魅力とは、「枯れること」でしょうか。これは少し表現が難しいのですが、僕は花はいつか枯れてしまう、だからこそ咲いているときの美しさがあるんだと思います。特に切り花などは一瞬というか、期間はとても短いんですが、限りがあるからこそ“今この瞬間が一番!”と感じられます。

Hallo Gallo
Hallo Gallo

やりがいはなんといってもお客さんに喜んでもらえるところですね。例えば、花束の注文を頂いてお渡ししたときに、すごくきれいだと言ってもられる、それに尽きますね。

「Hallo Gallo」ではどのような花をメインに扱っているのでしょうか。

Hallo Gallo 成瀬さんインタビュー
Hallo Gallo 成瀬さんインタビュー

切り花や鉢花はもちろんのこと、僕はドライフラワーが好きなのでたくさん扱っています。生花には無い魅力があると思うんです。「オクラ」や「リュウカデンドロン」など輸入のドライフラワーもありますし、そういったものを使ってオリジナルのリースを作ったりもしています。

Hallo Gallo
Hallo Gallo

切り花は30種類くらいで、例えば春だったらチューリップやスイートピーを入れてみたり、季節の花を入れるようにしています。鉢物は小さいものも入れたら30種類くらいあります。おすすめはカラーポットです。小さい観葉植物を小さなポットに入れています。鉢物って大きいから置き場所は限られてきますけど、これはちょっとしたところに置けて、色も可愛らしい感じです。

バレンタインや、ひなまつりなど、イベントや、子どもの入学・卒業など季節ごとにアレンジもしていて素敵ですね。お客様の反応はいかがですか。

Hallo Gallo
Hallo Gallo

季節感を大切にしたいので、ひな祭りなら、ひな祭り用の器を仕入れてそこに花を挿したりしています。日常使っているカゴとはまた違うものを入れて作っているので、新鮮で、評判も良いですね。カッコいい花屋を目指していると言いましたが、かわいいものも作れるんですよ。笑

フラワーアレンジメント教室なども開催されているそうですね。

Hallo Gallo 成瀬さんインタビュー
Hallo Gallo 成瀬さんインタビュー

近所のとある企業の方が企画をしてくださって、3か月に一度、季節ごとにやっています。そこの職員の方もすごくサポートしてくれて、小さなお子さんを職員の方が面倒を見てくださるので、普段は子育てで忙しい方なども多く参加しています。
一般の方は普段はあまりフラワーアレンジメントなどはしたことがないようで、新鮮で面白がってくださいますね。「久しぶりに子育てを忘れて没頭しました!」というような感想を頂いたり、ちょっとした息抜きにもなるようで、お客様にも好評です。

その他、今後の夢や展望がありましたら教えてください。

「Hallo Gallo」インタビュー
「Hallo Gallo」インタビュー

一般のお客様も、近隣のお店もそうですが、もっといろんな人に「Hallo Gallo」を知ってもらいたいと思っています。あとは、先日桜の時期だったので、依頼してくださったお店に大きな桜の枝を持って行ったら大変気に入ってくださったんですよ。「お店の中でもお花見ができる!」と。季節によってそうした提案を今後もしていけたらいいなと考えています。

最後に、成瀬さんご自身が高校まで所沢に住んでいらしゃったとのことですが、
この街の魅力や暮らしやすさはどのようなところでしょうか。

ところざわまつり
ところざわまつり

この辺りは個人店がいっぱいあるところが、楽しいし便利だと思いますね。また、毎年10月に「ところざわまつり」あるんですが、いろんな町内会でお神輿を出して、たくさんの人が集まって盛り上がります。

所沢航空記念公園
所沢航空記念公園

お気に入りスポットは「所沢航空記念公園」ですね。春は桜が、秋はイチョウがすごく綺麗です。高校生の時によく行っていて、思い入れがありますね。体育祭の練習とか、応援の練習とかをやっていたんですよ。他にも、ちょっと行けば「西武プリンスドーム」があったりと、楽しく暮らしやすいと思いますよ!

Hallo Gallo 成瀬さんインタビュー
Hallo Gallo 成瀬さんインタビュー

今回、話を聞いた人

Hallo Gallo(ハローガロー)
オーナー 成瀬 拓也さん

所在地:所沢市東町10-5
電話番号:04-2941-3802
URL:http://www.hallogallo.net/

※記事内容は2014(平成26)年4月時点の情報です。

街の“カッコいい花屋さん”を目指して/Hallo Gallo(ハローガロー)オーナー 成瀬拓也 さん
所在地:埼玉県所沢市東町10-5 
電話番号:04-2941-3802
営業時間:10:00~19:00
定休日:なし
https://hallogallo.net/