スペシャルインタビュー

仲間と踊る楽しさを実感!長く通いたくなる柿生の人気ダンス&ピラティススタジオ/ADC☆STUDIO 青山ダンスクラフト 主宰 青山暁子さん

創設から20余年、柿生・鶴川エリアに根差したダンススクールとして口コミで人気を集めている「青山ダンスクラフト」。「柿生」駅から徒歩3分という通いやすい場所にあり、キッズクラスや話題のピラティス、さまざまな表現を楽しめるジャズなど、年齢・性別にかかわらず誰でも気軽に体を動かせるプログラムを開設している。主宰するのは、劇団四季出身でショーやイベントの演出・振り付け家としても活躍する青山暁子さん。生徒憧れの存在でもある青山さんに、今回はスクールや地域の魅力についてお話を伺った。

ママ友たちの熱意から出発、専用スタジオもオープン

広々とした明るい専用のスタジオ
広々とした明るい専用のスタジオ

―「青山ダンスクラフト」ではどんなレッスンが受けられますか?

青山ダンスクラフト(以下、ADC)は、子どもから大人までが楽しめるダンスとピラティスのスタジオです。現在、保育園、幼稚園に通っている4歳児から70代の大人まで、約100名が在籍しています。キッズクラスは、キッズリズム、チアダンス、ヒップホップ、ジャズがあり、それぞれ年齢によって分かれています。最年少のキッズリズムは、リズムに乗って楽しく体を動かすことで、幼児のうちにリズム感や柔軟性を養うクラス。また、大会出場を目的としたチアの選抜クラスもあります。

チアクラスのレッスンの様子
チアクラスのレッスンの様子

大人のクラスは、ピラティス、ジャズ、ヒップホップ、バレエ、フリースタイル、週末のダンスエクササイズ、初心者向けのやさしいエクササイズなどがあり、ピラティスは一般クラスのほか、60歳以上を対象としたシニアクラスがあります。

―ご自身のスタジオを開くまでの経緯、ダンスへの想いを教えてください。

20年以上前、幼稚園のママ友たちから運動不足や育児ストレスの解消のために体を動かしたいと頼まれて、近くの公民館を借りてダンスエクササイズを始めたのがきっかけです。やがて子どもたちにも教えてほしいという要望に応えていくうちに、口コミで生徒数が増え、柿生・鶴川エリアに根差したダンススクールへと成長しました。この専用スタジオがオープンしたのは、2011(平成23)年。その15年ぐらい前からレンタルスタジオとして公民館と併せて利用していましたが、前オーナーから譲り受けて、ダンスとピラティスのための専用スタジオとしてオープンしました。

ヒップホップ・ティーンズクラスのレッスンの様子
ヒップホップ・ティーンズクラスのレッスンの様子

私は劇団四季の出身ですが、その前からインストラクターとしてダンスを教えていた経歴があり、劇団に所属したことで、自分がやりたいのは実演家ではなく、やはり指導や演出といった作り手の仕事なんだということに気づかされました。ダンスを通じて、みなさんにハッピーになってほしいというのが、私の想い。レッスンで、「楽しい!」「気持ちいい!」など、心に刺激を受けながら充実した時間を過ごせば、心も体も若々しく健康になります。子どもたちにとっては、表現力やコミュニケーション力などを身につけ、心と体をのびのび成長させる機会になります。

大人クラスの発表会の様子。みんなイキイキとしている
大人クラスの発表会の様子。みんなイキイキとしている

楽しみながら心も体も若々しく健康に

―どのような生徒さんが通っていらっしゃいますか?

大人も子どもも、ほとんどが柿生・鶴川の方たちで、自転車で来られる方が多いです。あとは町田や新百合ヶ丘など近隣のエリアから来られる方たち。年齢層は、下は4歳から上は70代で、ピラティスのプライベートレッスンでは、95歳の方もいらっしゃいます。ピラティスは医療現場のリハビリからプロのアスリートまでが取り入れているトレーニング法で、体に痛みがある方でも無理なくエクササイズができるんです。大人の皆さんのほとんどが10年以上ダンスを続けてくれている中で、年をとってもケガをせず末永く健康にダンスを楽しんでもらえるような身体作りのために、私自身も力を入れて取り入れています。

ピラティスクラスの様子
ピラティスクラスの様子

大人のジャズクラスには、スクール創設当初から通い続けて、今は50歳前後という方たちが大勢いらっしゃいますが、長年継続して通ってくださる生徒さんが多いのは、このダンススクールの特徴かもしれません。1カ月フリーパスがあるので、熱心な方はいろいろなクラスを受講して、ほとんど毎日のようにいらっしゃっていますよ。

ダンスを始めるきっかけは、キッズは親御さんや本人がダンスが好きでという場合がほとんど。大人は健康や美容、シェイプアップのためという目的で始めて、実際に姿勢や体型、ファッションとあらゆる面で若々しく、魅力的に変身されていきます。スクール創設当初から通っていらっしゃる方たちは、周囲からびっくりされるほど若く見えますよ。70代で背中が丸い方でも、ピラティスを数回やるだけで姿勢がよくなり、きれいになった、若くなったと言われてすごく喜んで続けています。みなさんが変身され、生き生きと輝いている姿を見ていると、ダンスやピラティスを教えていて本当によかったなと実感しますね。

大人向けのジャスクラスの練習風景
大人向けのジャスクラスの練習風景

―発表会や大会への出場、そのほかADCメンバーの活躍等についても教えてください!

毎年、年度末に開く発表会が一番大きなイベントで、前回でちょうど20回を数えました。会場は「麻生市民館ホール」か「町田市民ホール」のどちらか。子どもから大人まで、総勢100人ぐらいが1年間勉強してきた成果を大きな舞台で発表します。華やかな照明と大音量の中で、衣装を着てステージに立ち自分と作品を表現することはとても貴重な経験になります。ふだんのレッスンでは味わえない感動を仲間と分かち合い、チームワークが強まるよい機会となっています。

発表会の様子「ヒップホップ」
発表会の様子「ヒップホップ」

また、ダンスに意欲的なジュニアやティーンズメンバーには外部で行われるダンスイベントや大会にもチャレンジさせています。他チームから沢山の刺激を受けて新たな目標に向けて成長していきます。チアの選抜クラスは毎年、秋から冬にかけて関東圏で開催される大会へ出場していますが、昨年は全米最大級のチア&ダンスイベントの日本大会である「JAMfestJAPAN」に出場し、銀メダルとアメリカ大会への出場権を獲得しました。一昨年は同大会でヒップホップもアメリカ大会の出場権を獲得しました。

ADCのインストラクターは、チアやヒップホップなどのクラブチームでトップクラスのチームに所属しているレベルの高い先生たちばかり。現役で舞台に立ったり、世界大会へ出場するなど、多方面で活躍しています。ADCでは技術も指導力もしっかりとしたインストラクターによるクオリティーの高いレッスンを提供しています。

銀メダルを手にし、アメリカ大会への出場権を獲得したチアの選抜クラスの演技
銀メダルを手にし、アメリカ大会への出場権を獲得したチアの選抜クラスの演技

―地域イベントにも積極的に参加されていらっしゃいますね。

ダンスを始めたばかりのキッズやジュニアの子たちを、毎年秋に「柿生駅前広場」で開催される「禅寺丸柿まつり」に参加させています。仲間と力を合わせ、観客の前で堂々と表現することは、自分に自信が持ててとても良い経験になるからです。ADCのパフォーマンスを見て、自分も習ってみたいというお子さんもいますね。今年の「柿まつり」は20周年を記念して柿生のイメージソング「かきくけかきお」のショーがあり、ADCの子どもたちも協力して盛り上げる予定です。

2014(平成26)年の「柿まつり」の様子
2014(平成26)年の「柿まつり」の様子

世代を超えたつながりがあるあたたかな街、柿生

―青山様にとって、柿生・上麻生エリアの魅力とはどんなところでしょうか?

柿生はとても歴史がある古い街で、他の街にはない独特の雰囲気があちらこちらに残っています。例えば、駅からスタジオまでの道のりの途中にある古い雑居ビルや駅前のアーケードは、まるで昔の映画に出てくる舞台装置のようにレトロで、ロケ地になってもいいぐらい面白い雰囲気があります。

昔ながらのよさが残っている反面、若い人たちもどんどん入ってきているので、年配の人たちと若い人たちが共存して、一緒に街を作っているところも魅力的です。貴重な禅寺丸柿を保存・PRしていこうという目的で開かれている「柿まつり」では、若い人たちは禅寺丸柿について知らないことを年配の人たちから学び、年配の人たちは若い人たちがゆるキャラやイメージソングで街を盛り上げようとする活動を尊重してくれています。今はお隣が誰だかわからない、人に干渉しないのが当たり前の世の中ですが、ここは地元の人たちがすごくあたたかく、人のつながりがある地域だなと感じています。

壁一面の大きな鏡で動きをチェック!
壁一面の大きな鏡で動きをチェック!

―最後に、これから新たに柿生に暮らす方にメッセージをお願いします!

柿生は住んでいる方たちの品がよく、ママたちの意識が高い街です。子どもたちは育ちがよく素直で、柿生小学校で柿生のイメージソングを紹介した時は、全校生徒が楽しそうに踊ってくれました。ADCはそんな地域にマッチしたクオリティの高さ、品のあるスタイルが特徴のダンススクール。礼儀など習い事としての教育をきちんと行い、保護者が安心・信頼して子どもを通わせられるスタイルを通しているので、ぜひお子さんにダンスを体験させてください。

一生懸命に練習に取り組める土壌があるからこそ、発表会も楽しい!
一生懸命に練習に取り組める土壌があるからこそ、発表会も楽しい!

―生徒さんたちにADCに通ってよかったことについてお聞きしました!

Aさん:体型維持ができることです。アットホームでみんな仲がいいところも好き!先生たちもきれいで、近くに目標となる人がいるのは励みになります。

Bさん:ここに通っているみんなのことが大好きなので、続けてこられたと思います。ジャズ、バレエ、ヒップホップ、ダンスエクササイズと、週に何回も通っているうちに、自然と親しくなりました。体も柔らかくなったし、体型を維持しています!

Cさん:少人数なのでみんな仲がよく、目が行き届きます。青山先生はやさしくて教え上手。生徒一人ひとりをきちんと見てくれます。知識も技術も幅広く、いろいろなダンスを教えてくれますよ。

レッスンの様子は真剣そのもの
レッスンの様子は真剣そのもの

青山ダンスクラフト:青山暁子さん
青山ダンスクラフト:青山暁子さん

ADC☆STUDIO 青山ダンスクラフト

主宰 青山暁子さん
所在地 : 神奈川県川崎市麻生区上麻生5-6-18泰平ビル柿生1F
TEL : 044-986-2027
URL:http://www.aoyama-dance.net/
※この情報は2016(平成28)年9月時点のものです。

仲間と踊る楽しさを実感!長く通いたくなる柿生の人気ダンス&ピラティススタジオ/ADC☆STUDIO 青山ダンスクラフト 主宰 青山暁子さん
所在地:神奈川県川崎市麻生区上麻生5-6-18 泰平ビル柿生1F
電話番号:044-986-2027
電話受付時間:10:30~19:30
http://www.aoyama-dance.net/