新しく生まれ変わった園舎と恵まれた自然環境の中で育む/船橋市立若葉保育園 園長 寺澤恵子先生

1966(昭和41)年の開園より48年を迎える地域に根ざした「船橋市立若葉保育園」。子育て世帯の増加に伴い2014(平成26)年8月に竣工した新しい園舎には、バリアフリーに対応した設計デザインをはじめ、食育を推進するための“見える給食室”や木のぬくもりを生かした暖かい室内空間など、充実した生活環境が整っています。今回は20年ぶりに「船橋市立若葉保育園」勤務となり、園長として再び子育て支援に取り組む寺澤園長に地域の魅力についてお話を伺いました。

――まず「船橋市立若葉保育園」の沿革と概要について教えてください。

1966(昭和41)年4月、船橋市内で8校目となる公立の保育園として開園した「船橋市立若葉保育園」ですが、記録によると1955(昭和30)年頃に町会の保育所として子どもたちの面倒を見るようになったのがはじまりだったようです。当時はまだこの辺りも農家が多く、農閑期を利用して交代で協力し合いながら運営していたようで、当時の暮らしの様子が伺えます。

現在の園舎は2014(平成26)年8月に竣工したばかりの新しい建物で、バリアフリーに対応した設計や食育を推進するための“見える給食室”など、さまざまな設計上の工夫が盛り込まれているのも特徴です。

以前は園庭を囲んだコの字型の園舎で、子どもたちの様子が一望できて安心といった声もあったのですが、耐震や今後ますます増えるであろう子育て世帯の増加を見込んで建て直しとなりました。園児の総数は、0歳児12名を含む148名(2014年11月現在)で、中規模の保育園として位置づけられています。

――“自然とのふれあい”を園目標として掲げていらっしゃいますが、近隣の子育て環境はいかがですか。

「自然とふれあい豊かな心と健康な体をはぐくむ保育」を園目標として掲げているのですが、「若葉保育園」の近くには徒歩3分ほどの場所に「藤原市民の森」がありますし、園舎の裏にも遊具のある「藤原公園」があります。

「藤原市民の森」にはよく散歩に出かけるのですが、つい先日も牛乳パックで小さなお散歩バッグを作って、どんぐりがいっぱいになるまで拾って子どもたちも喜んでいました。身近な場所に四季の変化が感じられる豊かな自然環境があるのは、子育ての環境としても恵まれていると思います。

――園内では主にどんな活動や遊びをしていますか?

ほかの保育園とも同じだとは思いますが、子どもたちの発達段階に合わせた道具や玩具を揃えて体育や音楽、また絵を描いたりといった活動をしています。ちょうど5歳児のクラスでは、先日遠足に出かけた「ふなばしアンデルセン公園」での思い出を描いているようですね。

絵を描き終わった子どもは、本を見ながら折り紙をしたり、小さなピースを組み合わせて思い思いの形を作ったりと、好きな遊びに熱中しています。また積み木を組み合わせて大きな作品に仕上げるのも当園の伝統的な遊びのひとつになっています。

――快適な空間で子どもたちものびのびと過ごしている姿が印象的ですね。保護者の方々の反応はいかがですか。

建て直した後の保護者の方々の反応は、まず“明るい・広い・きれい”といった感想をいただきました。木のぬくもりが感じられるようにと、職員間でも意見や希望を出し合って、居心地の良い空間づくりを目指しました。園舎は森のなかに佇む家をイメージしています。

園舎に入ってすぐの広々としたスペースは、雨が降って園庭で遊べないときの運動スペースを目的として広く設けたもので、梅雨時期などは身体を動かして遊べない子どもたちのストレス解消の場としても役立つと思います。

全面ガラス張りの“見える給食室”では、子どもたちが覗いていると下ごしらえしている野菜や果物を見せながら調理をしてくれたり、展示されている献立を見て「今日は何を食べたの?」といった親子の会話のきっかけにもなったりと、新しい施設ならではの良さを実感していただいていると思います。

――地域との交流や連携について、具体的な活動内容を教えてください。

船橋市内の公立保育園では全園で“地域交流事業”を実施しています。当園でも毎月第2火曜日の午前10時から11時30分まで「保育園で遊ぼ!」と題した交流会のほかに、毎週火曜日10時から地域の親子に園庭を開放しています。

また自園や栄養士による子育てに関するミニ講座や育児相談を行ったり、給食の試食会を行うこともあります。スケジュールは市のホームページにもあるので、興味がある方はぜひ一度遊びにいらしていただければと思います。先日も正門脇の掲示スペースに貼ってあるスケジュールを見てお子さんと遊びに来てくれたお父さんもいました。「仕事の合間に遊びに来てみました」と、気軽に立ち寄っていただける身近な場所でありたいと思います。

また近隣の学校とのつながりにおいては、地元中学校の職場体験で生徒さんがいらっしゃったり、これから新一年生になる年長の子どもたちが小学校を見学させてもらったりして交流の機会を設けています。

――エリアの子育て世代は増えてきているのでしょうか。

園の近くに加えて、「馬込沢」駅の周辺にも新しい家がたくさん建っていますし、子育てをしている若いご夫婦は増えているように感じます。

このあたりは船橋市のなかでも自然が多く、子育てをするご家族にとっても人気のエリアとなっているようです。地域の子育て支援の拠点としても園として担う役割は大きいと感じています。

――最後にこの地域の魅力、そして今後の園の目標について教えてください。

20年ほど前に保育士として働いていた頃に比べると、新しい家も増えて賑やかになったとは思いますが、それでもまだ落ち着いていて静かな生活環境に魅力を感じます。自然環境にも恵まれています。

今後の目標としては「また明日も保育園に行こうね」と子どもも大人も保育園に行って良かったと思える関係づくりを大切にしていきたいと思います。実家を離れて核家族化してしまっている共働きのご夫婦も多いと思いますので、親身になって話し合える身近な存在として、子育てを支援していきたいと思います。

余談になりますが、先日けがをした小学生の男の子が当園に訪れました。ベテランの保育士によると卒園生だったようで、保護者の方も仕事で帰宅が遅く、頼れるところを探して真っ先に保育園のインターフォンを押してくれたようです。子ども心にも「きっと助けてくれる」という想いが伝わる、そういった存在でありたいと思います。

船橋市立若葉保育園

園長 寺澤恵子先生
住所:千葉県船橋市藤原7-41-1
電話番号:047-439-0472
http://www.city.funabashi.lg.jp/shisetsu/kosodatesien/0003/…2
※この情報は2014(平成26)年1月時点のものです。

新しく生まれ変わった園舎と恵まれた自然環境の中で育む/船橋市立若葉保育園 園長 寺澤恵子先生
所在地:千葉県船橋市藤原7-41-1
電話番号:047-439-0472
開所時間:7:00~19:00
休園日:日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
http://www.city.funabashi.chiba.jp/shise..