馬喰町 東京ぶどう酒店

都営新宿線「馬喰横山」駅のA2出口を出てすぐ、大きな樽が目印になっている「馬喰町 東京ぶどう酒店」は、その名の通りワインを主役に据えた、ワイン好きが集まるマニアックなワイン酒場。世界各地から選りすぐったワインが揃うことはもちろん、それらをたっぷりとリーズナブルに、まさに「浴びるように」飲めるということから、遠方からもワイン好きが通い詰める店である。

東京ぶどう酒店の店先
東京ぶどう酒店の店先

選りすぐりのワインが楽しめる
選りすぐりのワインが楽しめる

ただしマニアックなのは品揃えだけ。雰囲気はカジュアルなワインバーとして入れるフレンドリーなもので、営業中は入り口のドアも開放されている。店は1階と地下1階の2フロアに分かれており、1階はハイチェアのカウンター席。シェフやソムリエとの会話もしやすく、グラスワインをあれこれと楽しみながら、ちょっとつまんで楽しむ、というスタイルが似合いそうだ。一方で地下フロアはテーブル席のみのシックな空間で、長時間居座れそうな雰囲気。ワインセラーをガラス越しに見られ、ワイン談義が盛り上がりそうである。

1階カウンター席
1階カウンター席

料理はフレンチをベースにしたもので、しっかりとしたポーションのものが揃う。丸々1尾で仕入れ、厨房でおろしているという「旬の鮮魚のソテー」(1,700円~)をはじめ、厳選した牛赤身肉にほどよく火を入れてロゼ色に焼き上げた「塊牛肉焼き」(2,500円~)、自家製のパテ、日替わりキッシュ、牛テールの赤ワイン煮込み、フォアグラのソテーなど、赤白どちらにも合わせられるメニューが揃う。アラカルトが主体ではあるが、事前予約でディナーコースやパーティプランにも対応してくれる。

旬の鮮魚のソテー
旬の鮮魚のソテー

塊牛肉焼き
塊牛肉焼き

サラダ類についても力を入れているそうで、中でも「ミックス・フレンチサラダ」(1,000円)は多くのお客さんがオーダーするという隠れたヒットメニュー。こちらは山盛りになったサラダに生ハム、サラミ、パテ、サーモンなどがトッピングされるもの。トッピングはその日によってまちまち、ということだが、それがコストパフォーマンスの高さにつながっている。

ミックス・フレンチサラダ
ミックス・フレンチサラダ

ワインについては、言うまでもなく非常に気合いが入っている。ボトルは2,000円台から1,000円刻みに9,000円台まで、8段階を10銘柄ずつメニューに出し、そこに国産20銘柄を加えて「Best Value Sommelier Selection 100」として推薦している。同じ価格帯でも銘柄によって味わいが大きく変わるというのが、ワインの面白さ。まずはこの百選を指針にして、自分の好みを探っていくのが良いだろう。

なお、このワイン百選を手がけているのは店のオーナーであり、日本を代表するソムリエの一人である阿部誠氏。阿部氏はかの田崎真也氏の右腕として知られた人物でもあり、「阿部氏が選んだワインを味わえる店ならば」と聞きつけて、遠方から来るソムリエの客も多いという。

ガラス越しにワインが並ぶ
ガラス越しにワインが並ぶ

地下フロアのテーブル席
地下フロアのテーブル席

グラスワインについては、AからDまで4銘柄、赤・白合わせて8銘柄にスパークリング2種を加えた合計10銘柄が日替わりで楽しめる。そのグループ分けが面白い。こちらは値段ではなく「テイスト」で分けており、たとえばAは「すっきり、フルーティーな味わい」を基準にセレクトしている。その中で赤、白、シャンパーニュ、スパークリングを網羅しており、自分好みのテイストに絞って味比べを楽しめるという趣向だ。繊細な味わい違いを探究したいのなら、グラスワインが面白いだろう。

なお、グラスワインには「なみなみサンキュープラン」というバリュープランがあり、19時までに入店すればその後90分間、1杯わずか390円で、グラスに表面張力が働くまで“なみなみ1杯”を注いでもらえるという。これは90分間であれば何杯でもOKということなので、まさに“出血大サービス”。2016(平成28)年3月からスタートするということだ。

味比べはグラスワインで
味比べはグラスワインで

お店の内装
お店の内装

ワインの種類の豊富さ、そのこだわりの深さはもちろんだが、料理もたっぷりいただくことができ、飲んでも食べても満足感が高い「馬喰町 東京ぶどう酒店」。そのマニアックさから「入って大丈夫なのかな?」と足踏みする人もあるかもしれないが、その心配は無用だ。初心者が行ったとしても、知識豊富なソムリエ達が的確なアドバイスをくれるので、すぐに“運命的な1杯”に出会えることだろう。「ワイン好き」であれば迷わず訪れるべき、馬喰町の名店である。

馬喰町 東京ぶどう酒店
所在地:東京都中央区日本橋横山町4-10 大原第5ビル 1F 
電話番号:050-5869-1850 (予約専用番号)
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:00)、金曜日、祝前日 17:00~翌2:00(L.O.1:00)
定休日:日曜日、祝日
https://www.facebook.com/budoushuten/



PAGE
TOP