筑波大学附属中学校・高等学校

筑波大学附属中学校・高等学校

筑波大学附属の中学校と全日制・普通科の高等学校で、1872(明治5)年創設という長い歴史を持つ。広いキャンパスの恵まれた環境にある学び舎。東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅より徒歩約10分、東京メトロ有楽町線「護国寺」駅より徒歩約8分の場所にある。「理科実験講義室」「芸術教室」「家庭科教室」「コンピュータ教室」「図書館」といった教育設備のほか、中・高体育館やプールのほかに「大アリーナ」「小アリーナ」「武道場」「テニスコート(4面)」「屋外バスケットボールコート(2面)」、そして17,500平方メートルの「中・高グラウンド」など、体育設備も充実している。また、長野県立科町には広大な敷地の「蓼科桐陰寮」もある。「自主・自律・自由」をモットーとしている校風もあって、「桐陰祭(文化祭)」やスポーツ大会、他校との定期戦、クラス合宿といった行事や活動も生徒たちが自主的に計画・運営している。

読み込み中


PAGE
TOP