深川宿

まずはやはりぶっかけの深川めしを頬張ってみる。コクのある奥深い味噌がたっぷりとご飯に注がれ、噛めばアサリのエキスと相まって、空腹のお腹に美味しさが染みわたる。刻み海苔やネギも、全体のバランスに欠かせない名脇役となっている。

本当にこれだけかきこんでしまいたくなるが、炊き込みなどもあるので、ゆっくり全体を楽しみたい。なお、ここに使用されているアサリは国産のものしか使っていない。

深川宿

炊き込みの方はあっさりとした塩味で、味の強めな深川めしと味のコントラストをなしている。こちらも、これとお新香だけで十分に満足できる食事となる。

この両者と小鉢が楽しめる「辰巳好み」は、漁師めしながら本当に贅沢な御膳だ。丁寧に炊かれた野菜の煮込みやワカメのぬた、生海苔のお吸い物も潮の風味豊かで、御膳全体で非常に味のバランスが良くて楽しめるのだ。

深川宿

食べ進めて行く間に少しお腹が満たされてきたら、自家製のお新香をかじれば、またサッパリと箸を進められる。ぜひモリモリと食べてゆきたい。

デザートには白玉の小鉢。最後に甘味で口の中を整えられるのはとても幸せだ。

深川宿

1 2 3 


PAGE
TOP