西新井大師

西新井大師
西新井大師

西新井を語るなら、「西新井大師」は外せない。正式名は五智山遍照院總持寺。「弘法大師」の諡号で知られる空海を祖とする、真言宗豊山派の名刹だ。

西新井の地名は、この西新井大師が発祥と言われている。826(天長3)年、巡礼中の空海が立ち寄って祈祷を行った際、お堂の西側にあった枯れ井戸から水が湧き出たという説によるものだ。この清らかな水は、病をまたたく間に治したほどの霊験あらたかなものであり、ここから西新井大師は厄よけ・開運に利益があるとされている。その信仰は、現在まで脈々と受け継がれ、幸せを引き続き願う人や、現況からの脱却を望む人の参詣が絶えない。

四季折々の風景も美しく、とくにボタンの花の名所で、開花時期の4月中旬から5月下旬が見ごろ。美しく富貴な姿をひと目見ようと、多くの観光客が訪れる。

西新井大師
所在地:東京都足立区西新井1-15-1 
電話番号:03-3890-2345
http://www.nishiaraidaishi.or.jp/



PAGE
TOP