鎌ケ谷大仏

鎌ヶ谷大仏
鎌ヶ谷大仏

鎌ヶ谷のシンボルともいえるほど有名な大仏で、新京成線「鎌ヶ谷大仏駅」の駅名にもなっている。

寺院や山門など伽藍もない露座のまま鎮座しており、“大仏”とはいうが、大きさは高さ1.8メートル、台座を含めて2.3メートルほど。

この地域が鎌ヶ谷宿と呼ばれていた頃、繁栄を極めた豪商・大黒屋(福田)文右衛門が、先祖供養のために江戸神田の鋳物師多川主膳に依頼し、1776年(安永5年)建立した。新京成線の鎌ヶ谷大仏駅前商店街に面した墓地にある。

鎌ケ谷大仏
所在地:千葉県鎌ケ谷市鎌ケ谷1-5  
http://www.city.kamagaya.chiba.jp/kakuka..



PAGE
TOP