鐡砲洲稲荷神社

鐡砲洲稲荷神社
鐡砲洲稲荷神社

江戸時代に幕府直轄の鉄砲練習場があったことから地名が付けられた「鐡砲洲」。「鐡砲洲稲荷神社」は、練習場が置かれた時代よりもっと前の平安時代に創建された、八丁堀周辺の産土神様。お米や酒など江戸の街で消費される食材が運ばれる「江戸湊」の始点であった鉄砲洲は、船乗人の海上守護の神としても全国に知られ、広重の「名所江戸百景」にも境内にある区内唯一の富士塚とともにその姿が描かれた。現在の社殿は、昭和初期に再建されたもの。戦災をくぐりぬけて残る産土神へ、多くの人が参拝に訪れる。

鐡砲洲稲荷神社
所在地:東京都中央区湊1-6-7 
電話番号:03-3551-2647
http://teppozujinja.or.jp/





PAGE
TOP