麻布山 善福寺

平安時代に唐で学び帰国した弘法大師が、真言宗を広めるため、高野山に模して824(天長元)年に開山したのが「善福寺」である。東京都内では金竜山浅草寺に次ぐ古刹だ。徳川家光の時代には、当時の建築の粋を集めた本堂を建立し寄進された。同じ港区にある「虎ノ門」は善福寺の山門の名であり、杉並区にある善福寺池は奥の院跡ということからも、江戸時代の寺領の広大さがわかるというものだ。 現在の本堂は、1607(慶長1 .....




PAGE
TOP