日野駅

幕末の志士・新撰組の副長であった土方歳三の出身地として知られる日野市の中核駅は、JR中央線の中央特快停車駅である「日野」駅。明治時代に開業した当時の駅舎は、地元有志の寄付金によって建設された。入母屋造風の駅舎は、「多摩の米蔵」と称された当時の日野市内が「八丁田圃」と呼ばれるほどの田園地帯であったため、その光景に似合う駅舎をということから造られたもの。駅周辺の開発が進み、当時の面影は薄れつつあるが、 .....




PAGE
TOP