むっさ21(富士見台名店街)

むっさ21(富士見台名店街)
むっさ21(富士見台名店街)

「谷保」駅北口に近い、高度経済成長期時代からの住宅地、富士見台団地。「むっさ21(富士見台名店街)」は、団地の造成と同時期に開業した、主に団地住民のための小規模商店街。東京都が主催する助成事業「東京都コミュニティ商店街事業」に選ばれている。都内では珍しくなったアーチ型の屋根と、武蔵野をイメージした愛称「むっさ」と外観になったのは、平成に入ってから。15店ある加盟店は、特に「くにたち」ブランドの取扱いに力を入れ、谷保産野菜や「くにたち」ブランド認定ビールなどを積極的に販売している。

むっさ21(富士見台名店街)
所在地:東京都国立市富士見台1-7-1 
営業時間等は加盟店により異なる



PAGE
TOP