「オーダーを楽しむ」オーダースーツの店

国分寺から多世代にオーダースーツの魅力を伝え続ける「吉田スーツ」

国分寺市南町にある「吉田スーツ 国分寺店」の洗練された外観
国分寺市南町にある「吉田スーツ 国分寺店」の洗練された外観

2003(平成15)年に国分寺市南町で創業し、現在は下北沢や虎ノ門にも店舗を構えるオーダースーツの専門店「吉田スーツ」。多くの人に自分に合ったスーツを気軽に楽しんでもらいたいと考え、基本価格3万9千円からというリーズナブルなオーダースーツの提供を実現。特に、成人式や就職活動用のスーツを求める若い世代から、確かな品質を求める60・70代まで、3店舗の中でも特に幅広い客層に親しまれているのが国分寺店だ。今回は、国分寺店のスタッフである上間さんと、虎ノ門店店長を務め豊富な知識と経験を有する大山さんに、「吉田スーツ」の特色やオーダースーツへのこだわり、そして国分寺の魅力についてなどお話を伺った。

オーナー吉田務氏が国分寺を店舗開業に選んだ理由

お話を伺った国分寺店のスタッフ上間さん(左)と虎ノ門店店長の大山さん(右)
お話を伺った国分寺店のスタッフ上間さん(左)と虎ノ門店店長の大山さん(右)

――「吉田スーツ」が開業する場所として、この国分寺の街を選んだのはなぜだったのでしょう?

大山さん:オーナーの吉田が、中学、高校と学生時代を三鷹で過ごし、また以前の職場も国立と、中央線沿線に親しみがあったようです。「国分寺」駅はJR中央線と、西武国分寺線・多摩湖線と3路線が乗り入れている便利で賑わいのあるエリアなので、商売をする上でも、中央線沿線はもちろん埼玉方面のお客様もご来店しやすいだろうと考えて国分寺を選んだと聞いています。吉田は21歳でテーラーの仕事に就き、2003(平成15)年に独立、そして国分寺に「吉田スーツ」を開業しました。現在は、下北沢と虎ノ門にも出店し、我々を含む計7名のスタッフでそれぞれの店舗を行き来して営業を行っていす。

基本価格3万9000円から楽しめる手頃なオーダースーツ

――「吉田スーツ」のこだわりや特徴についてご紹介ください

大山さん:テーラーなので基本的にはお客様が欲しいと思う物はすべて作れますし、お客様にあったスタイルを提案することができます。開業した当時はまだ既成品のスーツが主流で、オーダースーツにはなかなか手の届かない時代でした。そこでより多くの方にスーツのオーダーを気軽に楽しんで欲しいと考え、「吉田スーツ」では3つのお仕立てをご用意しています。

「吉田スーツ」店内の様子
「吉田スーツ」店内の様子

最もリーズナブルで気軽にオーダースーツを楽しめる「ベーシック・ビスポーク・ライン」は、お選びいただく生地によって価格は変わりますが、基本価格3万9000円からご用意しています。
また、より高度な仕立てと抜群のフィット感を味わうなら「エグゼクティブ・ビスポーク・ライン」、さらに手作業による国産最高峰のお仕立てをご堪能いただける「プレミアム・ハンド・ライン」もございます。
オーダーメイドスーツが初めての方もお気軽に注文できる手ごろな価格のスーツから、手縫いをメインとしたハイグレードなスーツまで、世代を問わず、どなたでも満足していただけるスーツを提案し続けています。

3つのお仕立てが「吉田スーツ」の特徴のひとつ
3つのお仕立てが「吉田スーツ」の特徴のひとつ

学生からビジネスマン、会社役員や家族連れまで、幅広い客層が訪れる国分寺店

―国分寺店の特色、お客様はどのような方が多いのでしょうか?

大山さん:現在、国分寺、下北沢、虎ノ門と3店舗ありますが、基本的に取り扱っている生地のラインナップ、価格、サービスは同じです。スタッフがそれぞれのお店を行き来しているので、経験や知識が大きく偏ることもありません。
国分寺店の特色としては、客層が最も幅広いという点でしょうか。このあたりは学校も多いので、「東京経済大学」や「東京学芸大学」、「武蔵野美術大学」といった大学生などが成人式や就職活動用にスーツをあつらえたり。また、ビジネスマンはもちろん60代、70代の会社の代表や役員を務めていらっしゃるような方も来ていただくことも多くあります。お子さまを連れてご家族連れでいらっしゃるお客様も国分寺店の特色です。

学生から幅広い年齢層のビジネスマンまで、多世代のニーズに応えるラインナップ
学生から幅広い年齢層のビジネスマンまで、多世代のニーズに応えるラインナップ

接客する上で出来るだけお客様をお待たせしないように工夫しているのですが、土・日曜日や、繁忙期は平日もかなり混雑しますので、事前のご予約も承っております。もちろん、ご近所の方などふらっと立ち寄っていただいても構いませんが、特にはじめてのお客様は生地を選んでいただくところから採寸、スタイル、ボタンなどのディテールをお決めいただくのにおよそ1時間かかりますので、余裕を持ったご来店をおすすめいたします。

良質なオーダースーツを、ライフスタイルやシーズンに合わせて誰にでも楽しんでほしい

丁寧な接客サービスで初めての人も安心
丁寧な接客サービスで初めての人も安心

―開業当時と比べて、客層の変化や新しいニーズなど気がつく点は?

大山さん:以前と比較して”良いもの”を求める方が多くなってきています。「ベーシック・ビスポーク・ライン」から「エグゼクティブ・ビスポーク・ライン」にグレイドアップしたり、生地の質を良くしたり。価格が高いイコール生地が丈夫で長く使えるというものでもないのですが、着心地だったりパッと見た時に良いものを着ているなっていう印象を与えるのは生地の良さなので、そのあたりの目の肥えた方が増えて来ているなという印象を受けます。

幅広いニーズに合わせて、生地も豊富
幅広いニーズに合わせて、生地も豊富

上間さん:新しいサービスとしては、2019(令和元)年8月から「新規オーダー体験会」です。オーダースーツに興味はあるけれど価格や敷居が高くてなかなか踏み出せないといった方を対象に、気軽に足を運んでいただくためのきっかけづくりとして開始しました。
生地を実際に見てその良さを感じていただくところから、採寸、デザイン決定まで、実際にオーダースーツを作る際の手順を味わっていただけます。現在は国分寺店だけの試みで、事前予約の方のみを対象に平日の午前11~12時まで開催しています。無料で体験いただけるので、詳細は店舗ホームページのお知らせをご覧ください。

―最後に、オーダースーツの魅力についてお教えください。

大山さん:2003(平成15)年にオープンしてから国分寺店は16年目を迎えます。オーダースーツの専門店と聞くと、年配のベテランが接客しているイメージもありますが、当店は40代のオーナーをはじめ20代の若手スタッフも多く、フレッシュな雰囲気で元気に営業しています。
最近は質の良い生地、価格の高い生地を買い取って展示することも多くなり、小さなサンプルでご覧いただくより、以前よりも仕上がりがイメージしやすくなったと思います。また今年からイタリアのアリストンというブランドの生地を仕入れはじめました。スーツが好きな方はご存知かも知れませんが、同じくイタリアのゼニア、ロロピアーナと並ぶ有名なブランドで、色合いと光沢感が魅力的です。まだ業界でも取り扱っている店舗はそれほど多くないので、実際にお店に来てご覧ください。生地の種類も豊富なので、色、柄、光沢感などお好みを仰っていただければお探しします。

イタリアのブランド「アリストン」の生地
イタリアのブランド「アリストン」の生地

オーダースーツを着ると身軽さ動きやすさはもちろんのこと、はじめて着た時は感動も感じていただけると思います。既製品やパタンオーダーだと、身体の形に合わせて作られていないので、どこかに支障が出てくるんですが、身体のクセが強い人は特に、着心地が楽になると思います。さらに若いうちから着ておくのも大切で、スーツはかたいとか着心地が悪いとかマイナスのイメージを持つのではなく、次はどんなスーツを作ろうかとか、コーディネートを考えるのも楽しみになるのではないでしょうか。「吉田スーツ」では、採寸したデータはすべて残していますので、「10年前に作ったけど、また作れる?」といったご希望にもお応えできますよ。

スーツ以外のアイテムも豊富
スーツ以外のアイテムも豊富

上間さん:身体にぴったり合ったものを着こなせると一段と格好良いですし、仕事などに対するモチベーションも上がると思います。良いスーツを着て、良い仕事をして。既製品でオールシーズン着られるスーツというのもだいぶ一般的になっていますが、スーツにも四季という考えがあり、春・夏・秋・冬と季節ごとに楽しめるのも魅力的です。当店のディスプレイも季節によって生地やスタイルを変えているので、ぜひ参考にご覧ください。スーツの他にもシャツやネクタイ、靴なども取り扱い、ビジネスからカジュアルまでお客様が本当に欲しいものをご提案させていただきます。

ゆとりある雰囲気が魅力の国分寺エリア

「国分寺」駅周辺の街並み
「国分寺」駅周辺の街並み

―国分寺の街の魅力とはどのようなところでしょう?お店のある駅の南口エリアの印象についてもお聞かせください。

上間さん:私は現在「国分寺」駅近くに住んでいるのですが、都心部のエリアと比べて落ち着いた雰囲気が魅力的ですね。便利ですが、街がごちゃごちゃしていないですし、実際に住んでみても暮らしやすいと感じます。

大山さん:お店にいらっしゃるお客様の印象などから感じることですが、余裕と言いますか、ゆとりのある雰囲気の方が多い気がしますね。私が店長を務める虎ノ門店は、ビジネス街で忙しい方が多いので特にその違いを感じますが、国分寺ではゆっくりと時間をかけてお客様とお話ししながら接客できます。

国分寺市南町の街並み
国分寺市南町の街並み

上間さん:駅南北の違いとしては、本店のある南口の方が、より狭域にお店が集まっていることなどもあってか、地域の方々の繋がりが多い印象です。休憩時の食事などにも近くの飲食店を利用することが多いのですが、お店の方と自然と顔見知りになったり、お店の前をたまたま知り合いが通って挨拶を交わしたりと交流があり、そんな街の雰囲気も魅力だと思います!

国分寺店スタッフ・上間さん(左)<br />虎ノ門店店長・大山さん(右)
国分寺店スタッフ・上間さん(左)<br />虎ノ門店店長・大山さん(右)

今回お話を聞いた方

吉田スーツ
国分寺店スタッフ 上間さん
虎ノ門店店長 大山さん
所在地:東京都国分寺市南町3-11-2
TEL:042-323-8383
URL:http://www.yoshida-suit.com/yoshida.htm
※この情報は2019(令和元)年9月時点のものです。

国分寺から多世代にオーダースーツの魅力を伝え続ける「吉田スーツ」
所在地:東京都国分寺市南町3-11-2 
電話番号:042-323-8383
営業時間:12:00~19:00
定休日:月・火曜日
https://yoshida-suit.com/