劇団四季の新たなる拠点 感動を分かち合う舞台作りとは/劇団四季 シアターマネージャー 藤本真知子さん

劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー

劇団四季の新たなる拠点
感動を分かち合う舞台作りとは

2010(平成22)年の春、劇団四季の新たなる拠点としてオープンした「四季劇場[夏]」。「舞台と客席に一体感がある、濃密な空間」をコンセプトに造られており、施設面としては、客席が2階層となっており、2階客席が1階席中央近くまで大きくせり出していることが特徴。加えて、額縁となるステージは横(間口)が狭く、高さがある欧米型を採用しており、多彩な演出手法に対応する機能を備えている。
今回はこの劇場で来場者対応の最前線に立つ、シアターマネージャーの藤本真知子さんに、作品の見どころと大井町の魅力について話を伺った。

「四季劇場[夏]」は都内に幾つかある「四季専用劇場」のうちでも最も新しい劇場ということですが、最新設備などの特徴はあるのでしょうか?

劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー
劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー

この劇場だけの特徴というものは特に無く、基本的には浜松町にある[春][秋]劇場などと同等の設備になっております。私たちの劇場は、すべての劇場で「客席と舞台の距離が近い」ということをコンセプトにしていますので、とにかく「作品の感動が十分に届けられるような空間」ということを大事にしています。ただ、これまでの劇場と比べて駅からの距離がとても近いですから、そういった点では、他の劇場に比べて大きなポイントになっていると思います。

現在上演中の『リトルマーメイド』について、見どころを教えてください。

劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー
劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー

見どころということでは、「オートメーションによるフライング」ですね。舞台が海の中なので、「海の世界をどう表現するか」ということが大きなポイントになっているんですが、「フライング」で舞台の空中を飛ぶことによって、海中を泳ぐシーンを作っているんです。フライングのための機械がすごく繊細に作られていますので、本当に海中を泳いでいるように、滑らかな動きになっているんですよ。これほどフライングを多用する演目は珍しいと思います。

劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー
劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー
『リトルマーメイド』(C)Disney
撮影:下坂敦俊

お客様の反応をお聞きしていても、「本当に海の世界にいるようでした」という感想をよくお聞きします。大人の方からお子さんまで、どなたでも楽しんでいただける作品だと思います。

ディズニー原作のミュージカルとしては、劇団全体で4作品目、この劇場としては『美女と野獣』に続いて2作品連続ということですが、[夏]は特にディズニー作品が主体ということはあるのでしょうか。

劇団四季でこれまで上演したディズニー作品としては、『ライオンキング』、『美女と野獣』、『アイーダ』がありますけれど、特にこの劇場だけ、ディズニー作品に特化しているということはありません。偶然、2作品連続でそういった流れになっております。

ディズニー作品と言えば、やはりお子様も楽しんでご観劇いただけるものが多いので、お子様連れのお客様は多いですね。週末になりますと、特にそういったお客様が多く来場されます。平日に関しては、どちらかと言えば女性のグループの方が多くいらっしゃるという印象です。年代を問わず、幅広いお客さまが全国各地からいらっしゃっています。ミュージカルを初めてご覧になられるという雰囲気のお客様も多くいらっしゃいます。

『リトルマーメイド』はいつまで上演されますか?今後の演目などは決まっているのでしょうか?

劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー
劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー
『リトルマーメイド』(C)Disney
撮影:荒井健

『リトルマーメイド』は大変にご好評をいただいておりますので、公演の終了はまだ定めておりません。チケットに関しては、現時点で2013(平成25)年の年内分の席はほぼ完売している状況ですが、来年の席は空いておりますので、ぜひご検討いただければと思います。

小さなお子様に向けての、特別なサービスなどはありますか?

劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー
劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー

お子様へのサービスという面では、座席の高さを調整するためのシートクッション、「親子観劇室」を備えております。 「親子観劇室」というのは、泣かれたり、ぐずられたりなどされて客席でのご観劇が難しくなってしまったお子様連れの方が一時的にご利用いただくお部屋です。

劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー
劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー
『リトルマーメイド』(C)Disney
撮影:下坂敦俊

3歳から1席ずつご購入していただきますが、チケットについては、劇場のカウンターで予約することもできますし、インターネットや電話からも簡単にご購入いただけますので、お子様連れの方も気軽にご来場ください。「ファミリーゾーン」というご家族向けの料金設定もありますので、ご家族皆さんでお越しいただいても、比較的リーズナブルにご覧いただけるかと思います。

普段、来場者と接するにあたって心がけている点などはありますか?

劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー
劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー

私の業務はご観劇されるお客様に最も近い位置にあるものです。作品の感動をきちんとお持ち帰りいただけるように、そして、一人でも多くのお客様に「また来たい」と思っていただけるようにと、日々心がけています。

これだけ住宅地と近い劇場というのも他に無いですから、地元の方にも親しみを感じていただけるような、身近な劇場になればと思います。

藤本さん自身、この辺りにお住まいということですが、「大井町の暮らしやすさ」について教えてください。

大井町の街並み
大井町の街並み

大井町の良さということでは、何と言っても交通の便が良いところですね。都心に出やすいというところもそうですし、どこに行くにもとても便利ですよ。町の中にいろいろ揃っているので、とっても便利です。 年間を通して公演は行っていますから、地元の方々にもぜひ一度見ていただきたいですし、一緒にこの町を盛り上げていけたらいいな、と思っています。

劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー
劇団四季 積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] 担当者インタビュー

今回、話を聞いた人

劇団四季 シアターマネージャー 藤本真知子さん

積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏]
住所:東京都品川区広町2-1-18
電話番号:03-5776-6730(劇団四季東京公演本部)

URL:http://www.shiki.jp/
チケット予約:http://www.shiki.jp/tickets/

※記事内容は2013(平成25)年7月時点の情報です。

劇団四季の新たなる拠点 感動を分かち合う舞台作りとは/劇団四季 シアターマネージャー 藤本真知子さん
所在地:東京都品川区広町2-1-18 
電話番号:03-5776-6730(劇団四季東京公演本部)
http://www.shiki.jp/
チケット予約:http://www.shiki.jp..