逆梁(ぎゃくばり)工法

通常は天井から下に吊り下がる形の梁を、床から立ち上がる形に配置する工法。天井部分に梁の出っ張りがなくなり、すっきりとして開放感が高まる。半面、梁が外壁より外側にある場合はバルコニーの奥行きが制約され、眺望が遮られるケースが多い。