「虎ノ門」駅やバスターミナルと連絡し、都内の新たな交通拠点となる東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅

2020年7月21日

東京メトロ日比谷線に56年ぶりの新駅が開業

2020(令和2)年6月、東京メトロ日比谷線に「虎ノ門ヒルズ」駅が開業した。「虎ノ門ヒルズ」駅は大規模再開発が相次ぐ虎ノ門エリアの玄関口として、独立行政法人都市機構と東京地下鉄株式会社が協力して2016(平成28)年から整備を進めてきたもので、1964(昭和39)年に営団地下鉄(現・東京メトロ)日比谷線が開通して以来56年ぶりの新駅となる。「虎ノ門ヒルズ」駅から東京メトロ銀座線の「虎ノ門」駅へは連絡地下通路が整備され、東京メトロ日比谷線と東京メトロ銀座線の乗り換えも便利になった。
「虎ノ門ヒルズ」駅は「霞ケ関」駅から0.8km、「神谷町」駅から0.5kmの場所にあり、地下1階に「中目黒」駅方面行きホームと「北千住」駅方面行きホームの2つのホームが設けられた。現在はそれぞれホームごとに改札口が造られているが、周囲の再開発が完成する2023(令和5)年には地下2階に改札口を移設し、どちらのホームにも行き来できるようになる。
改札写真「虎ノ門ヒルズ」駅改札
画像出典:独立行政法人都市再生機構ニュースリリース

再開発ビル「(仮称)虎の門ヒルズステーションタワー」と一体整備

「虎ノ門ヒルズ」駅は再開発で誕生する「(仮称)虎の門ヒルズステーションタワー」は「虎ノ門ヒルズ」駅と一体となって整備され、「(仮称)虎ノ門ヒルズステーションタワー」の広場から「虎の門ヒルズ」駅の改札口の間は連続的な空間が形成される。
イメージパース(再開発ビルとの接続時)再開発ビルとの接続のイメージパース
画像出典:独立行政法人都市再生機構ニュースリリース

また、「(仮称)虎の門ヒルズステーションタワー」の北東に建つ「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」には「羽田空港」や「成田空港」へのリムジンバス、湾岸エリアへのバス高速輸送システム(BRT)が発着するバスターミナルも誕生する。「虎ノ門ヒルズ」駅とこのバスターミナルの間にも連絡通路が設けられる予定だ。
グローバルなビジネス拠点に誕生した「虎ノ門ヒルズ」駅は東京都内の新たな交通拠点にもなり、今後の発展が期待されている。
交通結節機能の強化交通結節機能の強化
画像出典:独立行政法人都市再生機構ニュースリリース

——————————————————-

■開発種別:新駅
■エリア:東京都港区
■完成時期:2020(令和2)年
■事業主体:独立行政法人都市機構・東京地下鉄株式会社

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。