BEYOND 2020 首都圏 未来予想図 これから東京・首都圏はこう変わる~再開発・関連施設情報~
image_children
外観①

東急グループ初の「保育園連携型オフィス」が完成

2018年12月13日

保育園とスモールオフィスを併せ持つ「東急祐天寺駅ビル」 2018年10月、東急東横線「祐天寺」駅で工事が進められていた「東急祐天寺駅ビル」がオープンを迎えた。「東急祐天寺駅ビル」は地上6階建てで東急グループでは初の「保育…

1001_pic_03

賑わいと交流の核(コア)となる「新虎通りCORE」が開業

2018年11月12日

新虎通り沿道開発のモデル事業 外観(イメージ)画像出典:森ビル株式会社ニュースリリース 2018年10月、日比谷通りと新虎通りが交差する新橋四丁目交差点の北東角に「新虎通りCORE」がオープンした。 新虎通りは環状二号線…

d18049-57-765206-0

森トラストグループが街中(マチナカ)カフェ・レストラン事業を始動

2018年10月10日

ホテルで蓄積されたノウハウを街中で活かす 「丸の内トラストタワー」や「城山ガーデン」など多くの開発を手掛けてきた森トラスト株式会社はグループ企業が外資系ホテルなどで約50店舗のレストランやカフェを運営している。森トラスト…

20180808-nijubashi-square-001-thumb-1080xauto-912025

丸の内に新名所、「二重橋スクエア」誕生予定

2018年8月23日

「丸の内二重橋ビル」にハイセンスなショッピング施設「二重橋スクエア」がオープン 千代田区丸の内三丁目、馬場先門交差点の南東で進められてきた「富士ビル」、「東京商工会議所ビル」、「東京會舘ビル」の3棟一体建て替えは2018…

main2

さらに魅力を増した「旅するマーケット」、「2018年 夏・秋の章」開催

2018年6月26日

「旅する新虎マーケット」はエリアを拡大、「旅するマーケット」に 新虎通りは2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックで選手村とスタジアムを結ぶ重要な道路となる予定で、道路を賑わいの場として活用する取り組みが行われて…

ph_top

新虎通りに誕生予定の新たなシンボル施設「新虎通りCORE」

2017年12月11日

新虎通り沿道開発のモデル事業としてスタート 「新橋」駅近くの東新橋一丁目(日比谷神社前)交差点から赤坂一丁目交差点を結ぶ新虎通りは2020 年の東京オリンピックで選手村とスタジアムを結ぶ重要な役割を担うことになっている。…

212710_stream02

渋谷の新たなビジネスとカルチャーの発信拠点が誕生

2016年12月5日

渋谷川のほとりで“クリエイティブ”を発信する「渋谷ストリーム(SHIBIUYA STREAM)」 旧東横線渋谷駅および線路跡地となる南街区、そこに2018(平成30)年に誕生するのが大規模複合施設「渋谷ストリーム(SHI…

住みたい街ランキングでも人気、武蔵小杉の再開発は北側へ進む

2014年5月13日

JR横須賀線の新駅開業も大きなサポート、抜群のアクセスを誇る人気エリアに 2014(平成26)年4月19日にオープンした「三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉」 21世紀に入り、大きく街の姿を変えたのが「武蔵小杉」…

012-03-1_R

首都圏の交通ネットワークを大きく変える
「3環状道路」

2013年11月8日

首都圏の交通ネットワークを大きく変える「3環状道路」 中央環状品川線計画図(資料:首都高速道路株式会社) 首都圏の高速道路網は東名、中央、関越、東北、常磐道など放射状に伸びる道路が先行して整備されたが、それぞれをネットワ…

018_keikakutatemono-image_R

ヒカリエの完成はスタートだった!
まだまだ続く渋谷再開発

2013年11月8日

渋谷駅の真上にも、新たな高層ビル群が並び立つ 渋谷の東急文化会館跡地に「渋谷ヒカリエ」が開業し、東急東横線渋谷駅が地下化されたことはまだ記憶に新しい出来事だが、次なる開発プロジェクトが続々と渋谷で進行している。2013(…

02

相鉄からJR線への相互乗り入れで、渋谷・新宿が直通化

2013年11月7日

JR線と東急線、ふたつの直通乗り入れ計画を持つ相模鉄道 相模鉄道は、横浜〜海老名間(本線)と二俣川〜湘南台間(いずみ野線)の二路線からなる神奈川県の鉄道で、沿線に開発された市街地と「横浜」駅を結ぶ地域の鉄道というイメージ…